講師が出題傾向を本気分析(1級工業簿記編)

日商簿記1級・工業簿記の出題傾向を本気分析

工業簿記の出題傾向には偏りがみられる

前回は、日商簿記1級原価計算の出題傾向を本気分析した。今回は工業簿記だ。
工業簿記は、原価計算以上に出題内容に偏りが見られる。それは、標準原価計算の出題がずば抜けて多いということだ。2番手には総合原価計算が続く。この2論点だけで全体の3分の2近くを占めており、その他の論点は、たまにパラパラと出題されるだけだ。

したがって、標準原価計算に最重点をおき、続いて総合原価計算を押さえるのが基本だ。この2論点は、スクール各社から出される直前予想とは関係なく、押さえておいてほしい。

ただし、標準原価計算をマスターするには、工業簿記の冒頭で学習する勘定連絡をしっかり理解していることが前提だ。そのあたりがあやふやなまま細かい論点(例えば配合差異、歩留差異など)を含んだ総合問題に突入すると、途端に行き詰まるだろう。

勘定連絡に自信がなければ、いったん2級に戻って学習するのも効果的だ。近いうちに、1級の工業簿記をしっかりマスターするための勘定連絡総復習問題を作ってアップするので、待っていてほしい。

過去問の出題傾向

過去24年間の出題実績は以下のとおりだ。一番右の列は24年分の出題実績の累計、それ以外は4年間ごとの出題実績だ。また、出題論点ごと、出題実績の多い順に並べてある。

  2004-2007 2008-2011 2012-2015 1992-2015
標準原価計算 5 4 3 22
総合原価計算 0 1 2 9
個別原価計算 2 0 1 4
部門別原価計算 1 1 0 5
予算管理 0 1 0 3
直接原価計算 0 1 0 2
費目別計算 0 0 1 2
本社工場会計 0 0 1 1
合計 8 8 8 48

実に全48回のうち22回と、50%近くが標準原価計算だ。続いて総合原価計算が9回。この2つの論点でおよそ3分の2を占めている。

しかし詳しく見ていくと、最近の出題傾向には変化がみられることが分かる。もともと標準原価計算は、コンスタントに出題される論点なのだが、直近の3回は出題されていない。このようなことは過去20年間において一度も無かったことだ。かわって、総合原価計算と個別原価計算の出題急増している。

この傾向は、たまたまなのか。すなわち今後再び標準原価計算が増加するのか、それとも本格的に出題傾向が変わってしまったのか。興味深いところだ。

また、上記出題実績表では、個別原価計算と費目別計算を分けて表記しているが、実際には複合されて出題されることも多くある。両論点とも、ここ3年間で急増した論点だ。しばらくの間(2004年~2011年くらい)ほとんど出題されず、もう試験委員は出題するつもりがないのではないか、とすら思われていたが、試験委員が変わって復活した感じだ。

上記を踏まえて出題傾向の本気分析

講師の考える最近の出題傾向

最近、あきらかに出題傾向が変わってきている感じがする。近年、もっとも驚いたのが140回と141回の出題内容だ。140回は本社工場会計という形をとっているが、その本質は勘定分析だ。少なくともここ20年間で初めての出題パターンであり、戸惑った受験生が多かったはずだ。また、141回はまるまる費目別計算で、これは実は85回の焼き直しだ。つまり、およそ19年ぶりの出題となったわけだ。

このように、工業簿記は、試験委員の変更にともない、ガラッと出題傾向が変わった。ただし、難易度的にはそれほど高くはなく、比較的、基本を重視している傾向がみられる。一昔前はマニアックな論点を深堀するような問題が出題され、正直、できるかできないかは、ひらめきと時の運といったようなこともあったが、最近は、そのようなことはないようだ。

講師の考える工業簿記の対策

まずは基本をしっかりおさえることだ。特に今更ながら2級レベルの基礎が大切だ。

講師をしているスクールで、確認テストとして出題した2級レベルの工業簿記総合問題の出来が非常に悪かった。勘定のつながりと、財務諸表作成という工業簿記の基本があやふやなのだ。

また、たとえば標準原価計算にしても差異の計算方法は知っているが、その意味を理解していない、という受講生が少なくない。そのレベルで1級に進んでしまうと、差異はより複雑化するので、まったくついてこれなくなってしまうだろう。まずは2級レベルから復習をし基礎固めをすることが大切だ。

総じて言えることは、2級の範囲を本当の意味で完璧にすれば、1級でもすでに60点以上分は取れるということだ。そこにあと10点から20点を積み上げていくイメージが正しい点数の取り方なのだと思う。

どのような論点が出るのか、予想も大事だが、それ以前に、2級をパーフェクトにすること。特に勘定連絡と財務諸表の作成をしっかりおさえること。次に、(出題頻度No1の)標準原価計算に力を入れること、これが工業簿記におけるおすすめの対策だ。


ミニ講義 関連記事


工業簿記 関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です