日商簿記1級試験情報

日商簿記1級の試験情報

日商簿記1級の試験概要

日商簿記1級は、簿記検定試験の最高峰だ。経理業務を行う上で必要な極めて高度なスキルを習得できるだけではなく、公認会計士や税理士などの国家試験への登竜門にもなる試験だ。

日本商工会議所の簿記検定サイトによれば、日商簿記1級は大学等で専門に学ぶ者に期待するレベルとある。実際、大学在学中の1級合格者は、その後、公認会計士や税理士などの会計人を目指す人も少なくない。また、高校在学中に合格すると地方では新聞に載ったり、大学などの推薦入試で優遇されるレベルだ。

また、日商簿記1級に合格すると税理士試験の受験資格が得られるため、税理士試験を目指すものの受験資格を持たない人にとっては必須の試験だ。(なお、税理士試験受験資格は、全国経理教育協会が主催する全経簿記能力検定試験の上級に合格しても得られる。)

日商簿記1級の試験科目と合格基準

科目 制限時間 受験料
商業簿記
会計学
90分 7,710円
工業簿記
原価計算
90分

試験は商業簿記・会計学・工業簿記・原価計算の4科目(配点は各25点)で、100点満点中70点以上で合格だ。ただし、4科目のうち1科目でも40%に満たない(10点未満)科目がある場合は、合計が70点以上でも不合格になるので注意が必要だ。

日商簿記1級の申込日と試験日

日商簿記1級は、例年6月と11月の第3日曜日に実施される。日商簿記2級、3級は、6月と11月に加え2月にも実施され年3回のチャンスがあるが、1級は年2回なので注意しよう。

なお、申込みについては商工会議所ごとに異なるので受験を希望する商工会議所に確認しよう。おおむね2カ月前くらいから申し込み受付が開始される。

日商簿記1級の受験上の注意

  • 受験には顔写真付きの身分証明書(運転免許証やパスポート、学生証など)が必要だ。
  • 筆記具はHBまたはBの黒鉛筆またはシャープペン、消しゴムしか持ち込めない。定規などは持ち込めないので注意しよう。
  • 電卓も制約があるので注意が必要だ。いわゆる関数電卓やプログラム電卓は一切持ち込めない。ただし、日数計算、税計算、検算機能は許可されている。
  • 試験会場ではA4サイズの計算用紙が1枚配布される。(商業簿記・会計学で1枚、工業簿記・原価計算で1枚の計2枚)

日商簿記1級の難易度

日商簿記2級、3級と比べると格段に難易度が上がる。2級の合格率は30%前後だが、1級の合格率は平均して10%前後だ。「ということは、1級は2級の3倍難しいのか」などと思ってはいけない。1級受験者は、そのほとんど全てが2級合格者だ。つまり合格率30%の試験を乗り越えた人たちだけで戦って、そのさらに上位10%に入らないと合格できないということだ。詳しい合格率の推移はこちらを参照してほしい。

1Q合格率

日商簿記1級の受験者数の推移

受験者数は、6月と11月では異なり、例年11月の方が6月よりも2割前後多いようだ。したがって、受験者数の推移を開催回ごとにグラフにすると以下のようにギザギザになってしまう。

受験者2

そこで、6月と11月の受験者数の合計をとり年度単位で受験者数の推移を示したのが次のグラフだ。

受験者1

受験者数は、2009年をピークに減少に歯止めがかからないのが現状だ。2015年現在で半減近くまで減少してしまっている。(日商簿記サイトより)

試験回試験日受験者数実受験者数合格者数合格率
1432016.06.129,8457,79284910.9%
1412016.11.1511,7919,0878739.6%
1402015.06.1410,3618,1087168.8%
1382014.11.1612,8829,9318778.8%
1372014.06.0811,0958,7388479.7%
1352013.11.1714,33011,0371,15310.4%
1342013.06.0912,90210,1439849.7%
1322012.11.1816,78213,1461,69012.9%
1312012.06.1014,83711,9601,45512.2%
1292011.11.2019,07814,7311,91913.0%
1282011.06.1216,63513,1601,36510.4%
1262010.11.2122,00817,0272,25813.3%
1252010.06.1319,43615,3671,3388.7%
1232009.11.1521,56516,5681,5189.2%
1222009.06.1418,25314,3391,46410.2%
1202008.11.1620,52015,8891,4799.3%
1192008.06.0816,60513,0431,1058.5%
1172007.11.1820,31515,9131,5789.9%
1162007.06.1016,80113,3451,81113.6%
1142006.11.1919,40415,3385353.5%
1132006.06.1116,08212,8381,78313.9%
1112005.11.2021,03416,6091,5599.4%
1102005.06.1216,87413,7031,39810.2%
1082004.11.2120,87616,7051,72710.3%
1072004.06.1317,59414,4811,51210.4%
1052003.11.1621,78817,9371,95110.9%
1042003.06.0817,73714,8011,65911.2%
1022002.11.1721,48917,6141,6719.5%
1012002.06.0916,66313,6721,53311.2%

日商簿記1級頻出論点

講師が出題傾向を本気分析(1級工業簿記編)

講師が出題傾向を本気分析(1級原価計算編)


関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です