ミニ講義・標準原価計算(そもそも標準って何?)

計算はできるけど本質が分からない論点

標準原価計算は「なんとなく計算は出来るけど、実は、自分が何の計算をしているのかよく分かっていない」そんな方が多いのではないでしょうか。特に2級を暗記で通り抜けて来た方にその傾向が強いように思います。

シュラッター図を書いて、差異分析の計算方法は分かるのだけれど、実は、それぞれの差異がどういった意味を持っているのかは分からない。そもそもなぜ差異分析をしているのか分からない。でも、典型的な問題は解ける。そんな傾向にあるようです。

この状態は危険です。2級で簿記を卒業するなら、それでいいかもしれません。しかし、1級挑戦を考えているなら早急に対策が必要です。標準原価計算の本質がわかっているかどうか、簡単なミニテストを用意しました。ちょっとチャレンジしてみてください。

標準原価計算の本質を理解しているかのミニテスト

問題

正常な状態で直接材料を100kgを消費すると80kgが完成する(20kg減損)
今月、直接材料を100kgを消費したところ、70kgが完成した(30kg減損)
月初月末の在庫は無いものとして、今月の異常減損は何kgか

解答と解説(クリックで開きます)

解答

12.5kg

解説

もし、10kgと答えてしまったのなら、是非、講義資料を見てください。

プロ簿記1級合格プログラム・標準原価計算本質理解講義

プロフェッショナル簿記1級合格プログラムでは、ライブ配信システムを用いた講義を行っています。そのときに使用した講義スライドの一部をブログ記事用に編集し公開します。


 

コンテンツ概要・・・そもそも標準とは

問題

製品Aは第1工程と第2工程を経て完成する。製品Aを1個作るのに材料が1個必要。当月の製品Aの製造計画は110個だったので第1工程に材料を110個投入し、110個の第1工程完了品を得た。しかし、第2工程でうっかり10個ミスをしてしまい、結果として製品Aは100個完成した。

  1. 工程全体での標準消費量は何個?
  2. 第1工程責任者にとっての標準消費量は何個?
  3. 第2工程責任者にとっての標準消費量は何個?

解答

  1. 100個
  2. 110個
  3. 100個

解説

標準原価計算では、単に「標準」といっても、それは状況によりさまざまであって、必ずしも一つではありません。まずは、この点を意識してください。

標準消費量は、工場長の立場なら100個、第1工程責任者の立場なら110個、第2工程責任者の立場なら100個です。つまり標準消費量とは、管理者の責任下にある
アウトプットから換算した投入量のことなのです。

本問は、工程全体で見れば100個の製品が出来上がっています。ですから工程全体の管理者である工場長の立場からは、標準消費量は100個です。しかし、実際には110個の材料を投入しています。ですから、工場長が負うべき責任は、その差異である10個です。

これをさらに工程別に見ていくとどうなるでしょうか。第1工程では110個の第1工程完了品を得ています。ですから、第1工程責任者にとっての標準消費量は110個です。そして実際に110個の材料を投入しているのですから差異はありません。

では、第2工程はどうでしょうか。第2工程では100個の製品Aを得ています。ですから、第2工程責任者にとっての標準消費量は100個です。そして、実際には110個の第1工程完了品を投入しているのですから、差異は10個です。(不利差異)

以上、当たり前の話のようですが、大切なポイントです。立場が変われば標準も変わるのです。どの立場から見た標準なのか、標準原価計算の問題を解く上で、是非意識してください。特に工程別標準原価計算の問題で有効です。

コンテンツ概要…異常減損の基本

問題

100kgの小麦粉を消費したら70kgのケーキが出来た。

  1. 店長がきびしい人で「1グラムたりとも減損は許さない」という人なら異常減損量は何kg?
  2. 店長がやさしい人で「ある程度の減損は仕方ない。1kgの小麦粉の消費して700gのケーキが出来ればいい」という人なら異常減損量は何kg? 

解答

  1. 30kg
  2. 0kg

解説

このように、標準原価計算における「標準」は、管理責任下における立場だけでなく、その管理者のやさしさ(?)によっても変化します。言い方を換えれば「許容できる仕損量や減損量」によっても標準は変わるということです。

1の店長は、1グラムの減損も許さないわけですから、70kgのケーキを作るには、70kgの小麦粉があれば良いという考え方です。それが、100kgも消費してしまったわけですから、30kgが異常減損です。

2の店長は、1kgの消費に対して700gのケーキが出来ればいいという考え方です。ですから、100kgを消費したときは、70kgのケーキが出来れば満足するわけです。ですから現状は正常であって、異常減損は無いという認識です。

コンテンツ概要…異常減損の応用

問題

100kgの小麦粉を消費したら70kgのケーキが出来た。店長が「ある程度の減損は仕方ない。正確に計測したところ、1kgの小麦粉の消費に対して800gのケーキが出来た。よって、これを標準する」と言った場合、異常減損量は何kgか

解答

12.5kg

解説

なぜ、この問題を10kgと答えてしまうのでしょうか。それは、投入量100kgを基準にすると、標準的には80kgできるはずなのに、70kgしか出来ていないから、異常減損は10kgだ!と答えてしまうのでしょう。式にすると次のとおりです。

  • 標準的に出来るはずの量:100kg×0.8=80kg
  • 実際に出来た量:70kg
  • よって、異常減損:80kg−70kg=10kg

こういった勘違いをしている方は少なくありません。しかし、これは大いなる間違えです。正解は12.5kgです。これは、完成品量70kgを基準に、標準的には87.5kgの消費で済むはずが、実際は100kgを消費してしまったからと考えるのです。式にすると次のとおりです。

  • 標準的に消費すべき量:70kg÷0.8=87.5kg
  • 実際に消費した量:100kg
  • よって、異常減損:100kg−87.5kg=12.5kg

これが、異常減損量の正しい考え方です。つまり、異常減損は実際消費量と標準消費量の差異であって、実際生産量と標準生産量の差異ではないのです。標準消費量とは、常に、アウトプットから逆算して求めます。この1点をしっかり押さえるだけでも、標準原価計算におけるモヤモヤが、かなり解消されるはずです。


関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です