ミニ講義・標準原価計算(時短テクニック)

あらゆる差異分析に使える時短テク

標準原価計算では、ほぼ必ず差異分析が出題されます。みなさんはどのように解いていますか?

多くのテキストは、差異分析をボックス図を用いて解説しています。確かに、ボックス図は視覚的に分かりやすいので、初心者が理解をする上では有用です。

しかし、あらゆる差異分析をボックス図で説明しようとするあまり、ボックス図が増えすぎてしまって、今度は、ボックス図自体が混乱を引き起こす原因になっています。たとえば、工業簿記と商業簿記、そして原価計算で使われているボックス図を見てみましょう。

工業簿記の差異分析で用いるボックス図

 商業簿記の差異分析で用いるボックス図

原価計算(予算実績差異分析)で用いるボックス図(直接標準の場合)

みなさん、これを一生懸命に覚えるわけですよね。正直に言ってください。イヤになりませんか?

工業簿記と商業簿記はまだいいとしても、予算実績差異分析のボックス図に至っては、もうどこが予算でどこが実績だったか、覚えきれません。

実は、私は、差異分析にこういったボックス図を一切使用しません。使う必要がないからです。ある解法を用いるだけで、全ての差異分析は統一的に計算することができるのです。その解法を自ら開発して、使用しているからです。

この差異分析の解法について講義を行いましたので、そのときに使用した講義スライドを公開しましょう。


 

スライドの概要

数は率と量に分けられる

たとえば…

  1. 売上10万円は、客単価@500円×200人
  2. 合格者100人は、合格率10%×受験者1,000人
  3. 500kmの距離は、時速100km×5時間

差異も率と量に分けられる

差異分析とは、差異を率の差異と量の差異に分けること

  • 直接材料費なら、価格差異と数量差異
  • 直接労務費なら、賃率差異と作業時間差異
  • 製造間接費なら、予算差異と能率差異

率の差異には実際量を掛ける

標準原価計算の価格差異、賃率差異、予算実績差異分析の市場占有率差異、商業簿記の商品評価損など、率に関する差異には、必ず実際量を掛ける。これに例外はない。

量の差異には予定の率を掛ける

標準原価計算の数量差異、作業時間差異、予算実績差異分析の市場総需要量差異、商業簿記の棚卸減耗費など、数量に関する差異には、必ず予定(予算、標準)の率を掛ける。これに例外はない。

差異分析の時短テクニック  

標準 @90円 ×40,000kg =360万円①
      =378万円②
実際 @95円 ×42,000kg =399万円③

上記のような下書きを作成する。1行目に標準、2行目はあけて、3行目に 実際を記入する。あけた2行目には、1行目の@90円と3行目の42,000kgを掛けた金額378万円を記入する。

①−② が数量差異 (360万円−378万円=△18万円)
②−③ が価格差異 (378万円−399万円=△21万円)

詳しくは、スライドをご覧ください。


関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です