アシスタントの散歩で見かける秋の野草最終回豪華版

秋の野草

アシスタントの弟子1号です。
弟子1号
お散歩で見かける秋の野草シリーズ最終回です。
もう秋じゃなくて、なんだか冬っぽくなっちゃったので、いよいよ最終回です。

ツワブキ(キク科)

フキの花がふきのとうというのは、知っていると思いますが、ツワブキはその仲間です。
ツヤのある葉をもったフキというところから、ツワブキという名前になったという説があります。
なんでツヤブキじゃないの?と思わなくもないですが。
葉っぱを見るとそっくりです。でもやはり艶が違いますね。

秋の野草

 

トロロアオイ(アオイ科)

トロロアオイは花は9~10月にかけて咲きます。今の時期は、実がなるころです。
オクラも同じアオイ科の仲間です。花も実もそっくりです。写真ではオクラのほうは分かりにくいですが、葉っぱもそっくりです。
オクラは栽培しますが、トロロアオイは、空き地や街中でも見かけます。
間違えてトロロアオイの実を食べちゃう人はいないんでしょうか?ちなみにトロロアオイの実はまずくて食べられないそうです。
秋の野草

 

ワレモコウ(バラ科)

夏から秋にかけて咲きます。園芸品種としても売られていますが、自然にも咲いています。
わりと珍しいので、見付けると結構テンションあがります。
センニチコウは、見た目は似ていますが、ヒユ科で、完全な園芸品種です。
◯◯コウで名前も似ているので、同じ種類の科だと思っていました。

秋の野草

カラスウリ(ウリ科)

秋は実がなる頃なので、秋の野草とは違うんですが、是非紹介したくて入れました。
花は、夏の夜、短い間しか咲きません。
初めて見たときはびっくりしましたが、かなりセクシーです。
これで虫たちもイチコロなんでしょうね。実はかわいいオレンジになります。

秋の野草

 

今年は冬が前倒しでやってきているようです。みんな風邪には気を付けてね。

このシリーズはこれでおしまい。ありがとう。

じゃあ、またね。弟子1号でした。


休憩タイムにどうぞ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です