アシスタントの散歩で見かける秋の野草その3

秋の野草

アシスタントの弟子1号です。
弟子1号
お散歩で見かける秋の野草シリーズ第3弾です。
またまた弟子1号の好みで紹介していきます。

ツルボ(キジカクシ科)

ちょっとラベンダーに似ていて、色も鮮やかで、野草界では、結構なスター選手。
咲き終わって実になると、姿が一変。そんなごつくなるかっていうくらい。
同じキジカクシ科の仲間で、ヤブランというのが似ていていつも混乱します。どちらも夏から秋にかけて咲きます。

秋の野草

ミズヒキ(タデ科)とキンミズヒキ(バラ科)

どちらも夏から秋にかけて咲きます。
ミズヒキってネーミング、確かに水引っぽいよね。関東ではよく見かけますが、沖縄や鹿児島では絶滅の恐れがあると言われています。
キンミズヒキは、金色でもないし、水引っぽくもないですよね。葉は漢方薬などに使用されます。

秋の野草

歩いていて、おっ、この花知ってる。っていうのを見つけるとうれしいよね。
急に寒くなってきたので、風邪とかひかないように、あったかくしてね。
次号につづく。

じゃあ、またね。弟子1号でした。


休憩タイムにどうぞ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です