アシスタントの散歩で見かける秋の野草その5

秋の野草

アシスタントの弟子1号です。
弟子1号
お散歩で見かける秋の野草シリーズ第5弾です。
またまた弟子1号の好みで紹介していきます。
そろそろみんな飽きてきちゃったかな?

クズ(マメ科)

クズは根っこが葛湯とか、葛根湯とか、人間に有用なものとして知られています。
しかし葉っぱは、伸び放題に伸びて1シーズンに10メートル以上伸びます。
わっしゃわっしゃとある葉っぱをかき分けて、花が咲いているのを探し当てるととても嬉しいです。

秋の野草

ナガエコミカンソウとコミカンソウ(トウダイグサ科)

小さい花が終わると、可愛い実がつきます。今の時期はちょうど、実がきれいにつく頃です。
写真は拡大されていますが、実はどちらも2~3ミリくらいの小さなものです。
ナガエコミカンソウはもう少し熟すと淡い黄色に、コミカンソウはもう少し赤くなります。
まさにちっちゃいミカンですね。見付けるとちょっとテンションあがります。
美味しそうに見えても、トウダイグサ科は有害植物が多いので、多分食べられません。

秋の野草

 

まだまだ秋の野草紹介したいのに、最近寒くなってきて、冬っぽくなっちゃったので、そろそろこのシリーズも終了かな?

でもまだ次号につづく。

じゃあ、またね。弟子1号でした。


休憩タイムにどうぞ

アシスタントの散歩で見かける秋の野草その5” に対して1件のコメントがあります。

  1. 匿名でお願いします より:

    通学路にあって、葉っぱ鉄砲で遊んでいたあの葉っぱが葛とは知りませんでした。
    大人になって改めて秋の草を見るのも新鮮です。
    最終回終わってしまって(もう冬ですしね)残念ですが、ご紹介ありがとうございました^^

    1. 弟子1号 より:

      読んでくれてありがとう!!!
      葉っぱ鉄砲って何ですか。初めて聞きました。

      春の野草特集もやりますね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です