1級ミニテスト・連結会計の成果連結2(償却固定資産)

連結会計のミニテスト(償却固定資産・未実現利益)

前回のミニテストにつづいて連結会計・成果連結の問題だ。前回は商品売買をテーマに棚卸資産の未実現利益の消去仕訳を解説した。今回は、償却固定資産の未実現利益の償却仕訳を解説しよう。

一般のテキストでは、これら2つを異なる論点として解説している。しかし、前回のミニテストをマスターしていれば、本質的には同じことをしている、ということに気付くだろう。

本問も機械的に10分以内に出来てほしい問題だ。

問題

P社はS社の発行済株式の80%を取得し支配を獲得している。次の取引にもとづいて、当期の連結F/Sを作成するための連結修正仕訳を示しなさい。なお、法人税等税率を40%として税効果を考慮すること。

【取引】
当期首においてS社は保有する簿価94万円の備品を98万円でP社に売却した。P社はこの備品を期末時において保有している。この備品は残存価額10%、耐用年数4年の定額法によって減価償却を行っている。

解答

償却固定資産の未実現利益の消去仕訳

(PL科目) 40,000 (備品) 40,000
(減累) 9,000 (減費) 9,000
(税資) 12,400 (法調) 12,400
(非当) 3,720 (非PL) 3,720

PL科目:固定資産売却益
税資:繰延税金資産
法調:法人税等調整額
減累:減価償却累計額
減費:減価償却費
非当:非支配株主持分当期変動額
非PL:非支配株主に帰属する当期純損益

解説

前回の棚卸資産の成果連結とはだいぶ異なる問題に見えるが、実は本質的には同じだ。消去する項目の片方がPL科目でもう片方がBS科目のパターンはみんな一緒なのだ。前回と同様に機械的に解けるので、是非マスターしてもらいたい。

償却固定資産の未実現利益の消去仕訳

Step.1 相殺消去

まず、グループ内で備品を4万円も高く売りつけているのでこれを消去しなければいけないのは分かるだろう。棚卸資産のパターンで言えば、期末在庫が4万円の未実現利益を含んでいるのと同じだ。消去仕訳は次のようになる。

棚卸資産の場合
(売上原価) 40,000 (商品) 40,000
固定資産の場合
(PL科目) 40,000 (固定資産) 40,000

商品が固定資産に、売上原価が何かしらのPL科目(固定資産を売却して儲けたときは、固定資産売却益)に変わるだけだ。同じパターンであることを確認してほしい。

もし、固定資産が土地のように償却しないなら、これでおしまいだ。しかし備品のように償却資産ならば減価償却を考慮しないといけない。

4万円も高く売ってしまっているということは、その分、多くの減価償却をしているはずだ。その額は、9,000円(=4万円×0.9/4年)だ。よって、それを取り消さないといけない。

(減価償却累計額) 9,000 (減価償却費) 9,000

以上より、まとめると次のようになる。

(固定資産売却益) 40,000 (備品) 40,000
(減価償却累計額) 9,000 (減価償却費) 9,000

もしもダウンストリームで税効果もなければ、ここでおしまいだ。

Step.2 税効果に対応

税効果への対応も、さきに解説した棚卸資産のときと同様だ。借方もしくは貸方に損益が残るような仕訳は、税効果の対象となる。以下の仕訳で言えば、①の固定資産売却益と②の減価償却費だ。合算すると借方に31,000円(=40,000円−9,000円)の残がある。税効果はその40%、インパクトを弱める方向に働くのだから、12,400円(=31,000円×40%)が貸方残として法人税等調整額(PL科目)がくる。・・・③
そして、相手勘定は繰延税金資産だ。・・・④

①(固定資産売却益) 40,000  (備品) 40,000
 (減価償却累計額) 9,000 ②(減価償却費) 9,000
④(繰延税金資産) 12,400 ③(法人税等調整額) 12,400

もしもアップストリームでなければ、ここでおしまいだ。

Step.3 アップストリームに対応

最後にアップストリームの対応だ。これも棚卸資産のときと全く同じだ。借方もしくは貸方に残っている損益のインパクトを弱めるように仕訳を切ればいい。具体的には、次の額だ。

①固定資産売却益40,000円−②減価償却費9,000円−③法人税等調整額12,400円=18,600円

この18,600円のうち、20%分が非支配株主によってインパクトを弱められるのだ。つまり3,720円(=18,600円×非支配株主持ち分20%)が貸方にくる。勘定科目は当期なので非支配株主に帰属する当期純損益 (PL科目)だ・・・⑤
そして、相手勘定は、非支配株主の当期の持ち分がそれだけ変動するので非支配株主持分当期変動額だ。・・・⑥

①(固定資産売却益) 40,000  (備品) 40,000
 (減価償却累計額) 9,000 ②(減価償却費) 9,000
④(繰延税金資産) 12,400 ③(法人税等調整額) 12,400
⑥(非支配株主持分当期変動額) 3,720 ⑤(非支配株主に帰属する当期純損益) 3,720

最後に

以上、棚卸資産も、償却固定資産も、ほとんど同じ手順で解けることを理解して頂けただろうか。もう1問、貸倒引当金の問題も用意したからチャレンジしてほしい。


関連記事

1級ミニテスト・連結会計の成果連結2(償却固定資産)” に対して1件のコメントがあります。

  1. 熱男 より:

    富久田先生

    こん○○は。
    熱男です。

    昨日のミニテスト成果連結1同様、”税効果もアップストリームもPL科目のインパクトを弱めるように調整”
    本問も解けました。

    基本的な考え方は理解できましたので、
    時間があるときにこのミニテスト2題を繰り返しとき、
    知識と解放を定着させていきたいと思います。

    ありがとうございました。

    1. pro-boki より:

      こんにちは。

      役に立てたかな?うれしい。
      ちなみに、貸引と貸繰の消去も全く同じパターンで、出来ます。
      勘定科目が多少変わるだけで、考え方は全く一緒。
      テキストに載っていると思うので是非チャレンジしてみて。

  2. cafe より:

    解説ありがとうございます
    棚卸資産、貸引の期首、期末をまとめて計算し、税効果、アップストリームをまとめて計算すると、
    ミスも少なく、集計しやすいです。

    棚卸資産のように、期首、期末を考えると、次期は下記でよろしいでしょうか?

    期首
    利首40/備品40
    累計9/利首9
    税資12.4/利首12.4
    非首3.72/利首3.72

    期末 未売却
    累計9/減償9
    法調3.6/税資3.6
    非PL1.08/非当1.08

    期末 売却
    備品40/固益22
    /累計18
    法調8.8/税資8.8
    非PL2.64/非当2.64

    1. pro-boki より:

      すみません、今、確認しました。合っていると思います。
      期末に売却するパターンは難しいですね。
      思わず考えちゃいました。あってると思います。

      すみません、私が聞くのもなんですが、現在の日商ってこのくらいのレベルの問題が出るんですか?私が受験したころは、連結は簡単でした・・・

  3. cafe より:

    いやいや、
    先生の棚卸資産の期首、期末の解説を読んで、償却固定資産ではどうなるのかなと思っただけです。
    回答ありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です