1級ミニテスト・設備売却のキャッシュ・フロー

10分以内で出来るミニテスト

いままで書いてきた講義記事の多くは、執筆に数時間掛かるものばかりだ。読む方も大変だろう。設例がある記事は、解いて、解答確認して、解説読んでと、まとまった時間がないとなかなか読み切れない。1時間は掛かると思う。

それはそれでいいのだけれど、もっとライトに、というか、ちょっとした空き時間に読んでもらって、気軽に親しんでもらえる記事があってもいいかな、と思って始めたのが今回の企画だ。題して、10分以内に出来るミニテスト。

各論点のワンポイントをテーマにミニテストを出題していこうと思う。気軽にトライしてみてほしい。

今回のお題は設備売却のキャッシュ・フロー

今回のお題は、設備投資意思決定会計の定番論点、設備売却時に発生するキャッシュ・フローの算定だ。いろいろなパターンを用意した。これは、瞬殺してほしい。

問題

簿価600万円の固定資産を売却した。以下の各ケースにおける、この取引によって発生する損益とキャッシュ・フロー(以下CF)を算定しなさい。なお損益が損失の場合、およびキャッシュ・アウト・フローの場合は、解答数値に△を付記しなさい。法人税等税率は40%であり、法人税等の影響も考慮すること。

  1. 800万円で売却できた。
  2. 簿価で売却できた。
  3. 400万円で売却できた。
  4. 売却できずに無料で引き取ってもらった。
  5. 売却できないばかりか処分費用400万円を支払った。

答案用紙

  損益 CF
ケース1 (    )万円 (    )万円
ケース2 (    )万円 (    )万円
ケース3 (    )万円 (    )万円
ケース4 (    )万円 (    )万円
ケース5 (    )万円 (    )万円

解答と解説

解答

  損益 CF
ケース1 200万円 720万円
ケース2 0 600万円
ケース3 △200万円 480万円
ケース4 △600万円 240万円
ケース5 △1,000万円 0

解説

これは、いくつかやり方があるが、一律、次の計算式で覚えてしまうのが良いと思う。

CF=現実に得た(支払った)現金 ± 損益×法人税等税率0.4

問題文で損益を聞かれていなくても、一応損益を出して機械的に上記の式で計算してしまうのが早い。イメージとしては、現実に◯◯円もらったんだけど、損益出ちゃったから税金も考慮しないとね、という感じだ。
もちろん損益は、売却額−簿価だ。なお、プラスマイナス(±)をどうするかは、損益がプラスなら、税務署から税金取られるし、マイナスなら税務署がその分税金安くしてくれるイメージを持つのが分かりやすいと思う。

そうすると、各ケースは次のようになる。

  損益 CF
ケース1 800万円−600万円=200万円 800万円−200万円×0.4=720万円
ケース2 600万円−600万円=0万円 600万円−0万円×0.4=600万円
ケース3 400万円−600万円=△200万円 400万円+200万円×0.4=480万円
ケース4 0円−600万円=△600万円 0円+600万円×0.4=240万円
ケース5 △400万円−600万円=△1,000万円 △400万円+1,000万円×0.4=0万円

なお、ケース5の問題は実は日商簿記1級第110回原価計算からの抜粋なんだけれど、これについては次のように解説されていた。

  1. 簿価600万円の設備が売却できなかったので、その分のタックスシールドが、600万円×0.4=240万円
  2. さらに400万円の支払いがあったけど、節税効果を考慮すれば実質60%負担なので△400万円×0.6=△240万円
  3. 上記1と2から、240万円−240万円=0

個人的な感想として、これは分かりにくいと思う。場合分けによって計算式が異なるのは混乱のもとだ。やはり、一律に上記の式で覚えてしまうのが良いと思う。


関連記事

1級ミニテスト・設備売却のキャッシュ・フロー” に対して1件のコメントがあります。

  1. きゃろる より:

    こんにちは。
    上記先生のやり方だと、簡単でわかりやすいです。
    ありがとうございます。
    私は、初めてCFの勉強したのがスッキリのテキストで
    棒線引っ張って上にIN下にOUT。
    それぞれの各項目ごとに0.4または0.6を掛けて最後に全部足す。
    というのに慣れてしまっています。しかし、これだと時間がかかるのと、
    これは0.4と0.6どっちを掛けるんだっけ?
    となり、ミスをしてしまいます。
    先生の方法ですと、迷いなくできます。
    これくらいのミニテストだと仕事の手待ち時間に簡単にできます。
    次も、お願いします。

    1. pro-boki より:

      設備投資のCFの算定っていくつか方法があるんですよね。
      結局同じことをしているので、同じ答えになるのですが、
      そこに至るまでのアプローチの仕方が複数あります。

      どれが正しいということもないのですが(というか全て正しい)
      一般にテキストの場合、丁寧に説明しようとして全ての項目をバラバラに計算するケースが多いです。しかし、これだと計算量が増えてしまって、実践的な試験対策として良いものとは言えないケースもあります。

      ひどいテキストや講義になると、一律、「営業CF×0.6+減価償却費×0.4」で覚えればいい、なんていう乱暴な授業もあります。

      これですと、意味も分からずの暗記になりますので、本番でつまづきます。やっぱり手間でもちゃんと意味を考えて、計算式を理解するのが近道だと思います。

      ミニテスト、これからもたくさん出していきます。理解の助けになれば嬉しいです。

  2. ひろりん より:

    こんにちは。

    手元に110回の問題があったのでやってみましたが、除却時の差額キャッシュフローで、減価償却費は考慮しないのでしょうか?

    1. pro-boki より:

      ひろりんさん、こんばんは。

      110回の問3のことですよね。結論から言うと、減価償却費は考慮しません。
      減価償却費は、年々のCFを算定するときに既に計算済みだからです。(110回の問題でいうと、問2で計算済みということです。)

      このケースは日商の試験でよく出てきます。問3の除却に関する差額CFというのは、除却した年度のCFという意味ではありません。設備を除却したことに直接的に影響を受けるCFのみを計算しなさいという意味です。
      つまり、設備を売却したならそのときに得られるCF(撤去にお金が掛かるならそのときに失うCF)とそれに係る税金のみを対象とします。

      ここは、質問の多いところです。
      以下の記事の解説のStep3〜5でも簡単に触れています。ご覧になってみてください。
      https://pro-boki.com/setsubikougi03

    2. ひろりん より:

      こんにちは。

      解説ありがとうございました。

      他に似た過去問をいくつか解いてみて、ようやく理解できました。
      年々の差額キャッシュフローとは別に考えるんですね。
      減価償却費はその年々の差額キャッシュフローに計上されてるから、除却分には計上しないってことですよね。

    3. pro-boki より:

      はい、まったくもってそのとおりです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です