経過勘定は、くまのみみ

経過勘定はお好き?

たまには、2、3級レベルの記事も書いてみます。

決算整理仕訳で「しいくりくりしい」ってやりますよね?期首商品を仕入に振替えて、仕入から期末商品に振替える例のあれです。3級時代からのおなじみですね。例えばこんな問題が出ても「しいくりくりしい」知っていれば簡単です。

  • 期中に商品を1,000円仕入れた。
  • 期首に商品が100円あった。
  • 期末に棚卸をしたら200円だった。
  • 決算整理後の仕入(売上原価)はいくら?

答えは、期首商品100円+当期仕入1,000円−期末商品200円=売上原価900円

すぐ出来ますね。では、次の問題はどうですか?すぐ出来ますか?

  • 期中に営業費として1,000円払った。
  • 前期末には前払営業費として100円が計上されていた。
  • なお、当期末において営業費の前払分が200円ある。
  • 決算整理後の営業費はいくら?

3,2級レベルのおなじみの問題です。簡単です。でも、一瞬、ウッとなりません?答えから言ってしまえば「しいくりくりしい」と全く同じです。900円。当期分に期首(=前期末)を足して、期末分を引けばいいんです。ちょっとコツ知ってれば一瞬です。

「しいくりくりしいならピンと来るけど、経過勘定は苦手なんだよね」って人多いんじゃないでしょうか。「経過勘定は、前払だの前受だの未払だの未収だの種類がいっぱいあるし、費用と収益のときで処理違うし、繰延とか見越みたいに、違う言い方もする。覚えにくいんだよね。」なんて思っていませんか?

そんなあなたに、経過勘定が超得意になる奥義を披露しましょう。

くまのみみ

繰延、見越という言葉について

繰延とか見越って言いますよね?一瞬何のこと?って思いません?これは、

  • 繰延といえば、前払費用・前受収益
  • 見越といえば、未収収益・未払費用

のことなんです。言い方が違うだけ。同じと思って大丈夫。ちなみに、

  • 」りのべ は 「」えばらい (または「ま」えうけ)
  • 」こし は 「」しゅう (または「み」ばらい)

カッコの文字を並べて、「くまのみみ」っていう覚え方あります。もちろん頭の中では「熊の耳」を思い浮かべるんですよ。これ、知ってる人多いかな。結構有名。なんだよ、ゴロあわせかよと言うべからず。すごく役に立ちます。

前払費用、前受収益、未収収益、未払費用を整理する

「くまのみみ」を使って、繰延や見越を、前払費用、前受収益、未収収益、未払費用に変換したら、今度は、「前」なのか「未」なのか、これだけに注目しましょう。◯◯費用とか◯◯収益とかに惑わされてはいけません。費用でも収益でも会計処理は変わりません。大事なことは「前」なのか「未」なのか。それだけです。借方なのか貸方なのかも考える必要ありません。

さて、それでは、具体的にどうすればいいか

まず、期末で考えます。この場合は、とにかく無条件に「前」なら「引く(減らす)」、「未」なら「足す(増やす)」と覚えて下さい。借方とか貸方とか余計なことは考えない方がいいです。混乱しますから。費用とか収益とかも、考えなくていいです。繰り返しますが、前なら引くんです。未なら足すんです。これだけ覚えましょう。

そして、期首なら逆にすればいいんです。

設問で確認してみよう(費用の場合)

問題

  • 期中に、1,000円の営業費を払った。
  • 期首には、100円の前払営業費が計上されていた。
  • 期末には、200円の営業費を繰延べて、300円の営業費を見越した。
  • 決算整理後T/Bはどうなってるか?

解答

まず言葉を整理します。期末に注目です。
200円を繰延べたって書いてあるので、くまのみみで、前払費用が200円です。
300円を見越したって書いてあるので、くまのみみで、未払費用が300円です。

期末では、前は引いて、未は足すんでしたよね。ただし、期首は逆にする。
1,000円−前200円+未300円+前100円=1,200円

よって、決算整理後T/Bの営業費は1,200円です。
この3つの金額を決算整理後T/Bに記入すればOKです。

設問で確認してみよう(収益の場合)

問題

  • 当期の受取手数料は1,000円であった。
  • 期首において、前受分の受取手数料100円がある。
  • 決算において、受取手数料200円を繰延べて、300円を見越し計上した。
  • 決算整理後T/Bはどうなってるか?

解答

まず言葉を整理します。期末に注目です。
200円を繰延べたって書いてあるので、くまのみみで、前受収益が200円です。
300円を見越したって書いてあるので、くまのみみで、未収収益が300円です。

期末では、前は引いて、未は足すんでしたよね。ただし、期首は逆にする。
1,000円−前200円+未300円+前100円=1,200円

よって、決算整理後T/Bの受取手数料は1,200円です。
この3つの金額を決算整理後T/Bに記入すればOKです。

最後に

ここまで書いておいてなんですが、1級レベルになったら、もうワンランク上のやり方がありますので、そちらをおすすめします。これは別の機会に紹介します。

一方、2,3級レベルなら、上記解法はとても有効だと思います。実践的なテクニックとして、活用してください。私も受験生時代は使ってました。なにしろ時間かからないしミスしにくいのです。


実践テクニック 関連記事

経過勘定は、くまのみみ” に対して1件のコメントがあります。

  1. 匿名係長 より:

    1級為の上級テクニックの紹介も宜しくお願い致します。

    1. pro-boki より:

      ちょっと待ってくださいね。経過勘定だけの話じゃなくて、そもそもの総合問題の解き方の話なので、少し大掛かりな記事になりそうです。明日にはアップしたいのですが・・・出来るかな。

  2. cafe より:

    CFを計算するときは、わたしは逆に考えています。
    期末は、「前」なら「足す」、「未」なら「引く」です。

    1. pro-boki より:

      ん?それは、CF計算書の直接法のときの話ですか?そうですね。そのときは逆になりますね。
      というか、CF計算書の作成は、間接法のときも含めて、だいたい逆進計算なんですよね。普通は利益とか売上原価を求めるために計算をやっているわけですが、CF計算書は逆で、利益が分かっていて、そこから逆にCFを求めるという感じですからね。CF計算書は、このポイントを押さえることが大事ですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です