コピーされている人へ連絡

最近、プロフェッショナル簿記のコンテンツが毎日大量にコピーされています。

サイトをご覧頂くことはとても嬉しいのですが、文章をまるまるっとコピーされると、これは、何をしているのだろう?と思ってしまいます。

もしかすると、プリントアウトしたいのでしょうか。ブラウザ上から、そのままプリントアウトすると形が崩れたり、余計なヘッダーとかウィジェットが入るのが嫌で、別のソフトに貼り付けるためにコピーしているのかな?とも

余計な疑念だとは思いますが、パクられているのかな?とも思います。

実は、某社さんは、気軽なパクり体質があるようで、悪意があるか無いかは知りませんが、人のコンテンツを平気で無断使用し、書籍にしてしまうのです。著者の私に連絡も無ければ、クレジットを入れることもなく、印税も頂けません。そういうこともあるので、ちょっと過敏になっています。

受験生さんが、勉強のためにコピーするのは全然問題ないです。というか、コピーする理由がプリントアウトのためなら、ブログ記事とは別にPDFファイル作ってダウンロード出来るようにしましょうか?

コピーされている方、コメント頂けると嬉しいです。もしくはお問い合わせフォームからご連絡頂けますと嬉しいです。

 


関連記事

コピーされている人へ連絡” に対して1件のコメントがあります。

  1. きゃろる より:

    すみません。
    WEBのこと良くわからなくて・・・。

    >最近、プロフェッショナル簿記のコンテンツが毎日大量にコピーされています。
    とありますが、コピーするとはどのようなことをすることなのか、わかりません。
    もしかしたら、知らないうちにコンテンツのコピーをしているのかもしれないので、
    具体的にどのような作業(行為)のことを言うのか教えてください。

    ちなみに某社がコピーしているかどうかは別として、内容のチェックはしていると思いますよ。

    1. pro-boki より:

      コピーとは、範囲を選択して、右クリックしてコピーを選んだり、Ctrl+Cを押したり、メニューの編集からコピーを選択することですね。

      ちなみに、いまさっきも、きゃろるさん「最近、プロフェッショナル簿記のコンテンツが毎日大量にコピーされています。」の部分コピーしてみましたよね。その作業のことです。

      実は、管理者は、いつ、誰がどの箇所をコピーしているか、把握しています。まあ、”誰が”といってもIPアドレスしか分かりませんけど。
      コピーされている方が、受講生さんとか普段コメントをくださっている方なら、全然問題無いのです。しかし、普段全くやり取りのない得体のしれないIPアドレスの方が、コピーを大量に取られているので、どうなっているのかなぁとちょっと不安になっていたところです。

  2. 受講生 より:

    初めてコメント致します。
    記事をいつも読ませて頂いております。
    コピー、確かにさせて頂きました。
    転載目的ではなく、excelに貼り付けて、学習の為にオフラインの環境で読ませて頂いておりました。おっしゃる通り、PDFで出力したら良かったですね。コメントなどが更新されていると、そこへ足したりしていましたが、今後はPDFでオフライン時に拝見させて頂ければと思います。
    不快な思いをさせてしまい申し訳ございませんでした。

    1. pro-boki より:

      いえいえ、とんでもないです。読んでいただいて嬉しいです。
      そうですね、オフラインでも読みやすいように、記事をPDFでも用意しておく、というのもありますね。検討しますね。

  3. まる子 より:

    すみません、印刷させていただきました。問題文のページを印刷して問題文のみをノートに貼り、自分の答えと先生の解説を自分なりに解釈してノートにポイントとして書いて覚える様にしています。

    大丈夫でしょうか?

    1. pro-boki より:

      まる子さんへ
      わざわざコメントありがとうございます。全然大丈夫です。受験生さんが勉強に使われるのであれば、コピーしようが印刷しようが煮ようが焼こうがまったく問題ありません。使って頂いて嬉しいです。どしどしお使いください。

  4. きゃろる より:

    ありがとうございます。
    そういうことだったんですね。
    HTML方式でサイトを丸まるコピーすることができるのかと思ってしまいました。
    ん?ということは、文章等をコピーしたことが、ホームページの管理者には、ばれているんですね。知りませんでした・・・。
    普通のコピペのことであれば、私かな?可能性大。
    転写に失敗して何度もやり直したりするし・・・。
    コメント書く時に引用したりしますが、プリントアウトするというよりは、前文コピーして、ワード、エクセル、パワポ等に貼り付けて、コメントやポイントを追加したり、色を変更したりしています。
    その際、そのままコピーして貼り付けると編集が大変だったりするので、部分ごとにコピペしています。
    なので犯人は私かもしれません・・・。
    でも、パクられている可能性もあると思いますよ。
    コピーできないように文字を画像化することはできますか?
    コピペができなくなっても大丈夫ですよ。
    自力で写しますから。その方が覚えるし。

    1. pro-boki より:

      きゃろるさんが、コピーされているのは、大丈夫です。知ってます。ああ、今、ここ勉強してるんだ、がんばれーと思いながら見てますんで(笑)
      コピーの件は、別の方からもメールでもご連絡頂いていて、以外と活用して頂いているんだなと、嬉しく思っているところです。コピーしなくてもいいようにPDFファイルでの提供も検討したいですね。でも、作業が結構大変なんですよね。アルバイト探そうかな。

  5. ひろりん より:

    自分も原価計算基準の解説のところはこれからコピー・プリントアウトして改めてやろうと思っていました。
    (もし問題あれば言ってください)

    pdfで提供していただけるならありがたいです。
    先生の記事、ボリュームあるのでじっくりやりたいので(笑)

    1. pro-boki より:

      コメントありがとうございます。使って頂いて嬉しいです。どしどしお使いください。
      原価計算基準のところ、長いですもんね(自分で書いてて、こういうのもなんですが)PDFにすれば、オフラインでも使えるし、印刷もしやすいですよね。検討しますね。

  6. kumomon より:

    私もコピペしてました。
    無断ですみませんでした。
    先生の記事を勤務先への電車の中で、読ませていただいてます。
    じっくり問題を解きたいので、コピペしてました。

    1. pro-boki より:

      コメントありがとうございます。勤務先の電車の中で読んで頂けるとか、嬉しいです。どしどし使ってやってください。
      そうなんですよね。少なくとも問題分と答案用紙くらいはPDFで提供したいです。これが優先ですね。

  7. maron より:

    富久田先生、こんにちは。

    私も何度か、復習の為に印刷してました。
    すみません。
    可能であれば、PDFにして頂けると復習等がし易いので嬉しいです。

    1. pro-boki より:

      >すみません。
      いえいえ。全然構いません。受験生さんに使って頂くのはとても嬉しいです。

      >可能であれば、PDFにして頂けると復習等がし易いので嬉しいです。
      はい、何とか考えてみます。

  8. えだまめ より:

    富久田先生こんにちわ。
    11月の試験前で、確認テストをめっちゃ(数えきれないほど)プリントして計算用紙と答えを直接かいてました。
    可能であれば、PDFで配信して頂けると助かります。

    ちょっと関係の無いお話しですが、
    5年後の目標は、会計事務所に入って、社長さんと原価管理やら利益について色々とお話しをしたいと思い勉強中ですが、資格を取る事はもちろんのこと、その他に基本的な知識として押さえて置くべき論点は「1級で学ぶ原価計算」でしょうか?他にもありましたらご指導のほどお願いします。
    頼れる税理士になることが目標です。

    1. pro-boki より:

      >可能であれば、PDFで配信して頂けると助かります。

      ですよね。前からちらっとは思っていたのですが、作業量を考えるとなかなか手が出ずに・・・という感じです。本腰を入れて考えてみます。

      >会計事務所に入って、社長さんと原価管理やら利益について色々とお話しをしたいと思い勉強中ですが、資格を取る事はもちろんのこと、その他に基本的な知識として押さえて置くべき論点は「1級で学ぶ原価計算」でしょうか?他にもありましたらご指導のほどお願いします。
      頼れる税理士になることが目標です。

      個人的な意見でいいですか?
      えだまめさん、自分でリスクとって商売したことありますか?小さくていいですよ。例えばヤフオクとかでも構わないです。自分で商品仕入れて(手持ちの商品でもいいけど)、見栄えするように写真撮影して、広告文考えて、値付けして、出品するタイミング考えて、締切時刻も考えて、いい評価をもらうために取引も丁寧に・・・やることは山のようにあります。そして、そのやり方をちょっと変えるだけで、売上が大きく変わったりします。
      原価計算とか管理会計というのは、こういう、儲けるためにどうすればいいかを会計数値を使って支援する技術です。でも、実際に儲けるためには、別に会計数値だけいじくればいいってもんじゃないわけです。
      さっきも言ったように、見栄えのする広告だったり、信頼だったり、キャッチコピーだったり。
      そういうリアルな商売をやったことのない人(税理士さん)に、数値だけの話をされても、いっちゃあ悪いけど白ける感じもあります。こっちは経営者だよ、リスク背負って、従業員の生活守っているんだよってことですね。
      ですから、知らないなら、税金の計算だけやってくれればいいから、という感じです。それ相応の対価は払うから。
      もし、アドバイスというかコンサルティング的なことをしたいなら、まずはリアル商売体験してから、その恐ろしさと面白さを知ってから、話してね、という感じですね。その上で、会計数値を使って客観的な指標として、アドバイスもらえるなら、喜んでお話聞かせて頂きます。いずれにしても勉強だけしていては、そういう知識って手に入りません。これからの税理士は、いくら勉強出来ても、それだけでは厳しいと思います。
      ちょっと、厳し目でごめんなさい。

  9. ファイティン より:

    先生、私も記事がアップされたときに仕事で使っているパソコンから印刷したり、
    家で使っているパソコンから画面を印刷しています。
    文章のコピーはあまりしていないのですが・・
    大丈夫でしょうか?

    1. pro-boki より:

      >大丈夫でしょうか?
      もちろんです。ばんばん使ってください。受験生さんに使って頂けるのは嬉しいです。

  10. 熱男 より:

    富久田先生,こん○○は。

    自分もコピーはしていませんが、持ち歩き/問題を解くために
    印刷 and/or PDF化していました。

    よろしいでしょうか。

    1. pro-boki より:

      >よろしいでしょうか。
      もちろんです。どんどん使って。
      このブログって、スマホで見ると結構、見にくいんですよね。私、いまだにiPhone5Sなんですけど、ちっちゃいから、なおさらです。なので、PDFにするのはいいですよね。でも、HTMLをきれいにPDFにするのって、結構な手間なんですよね。自動変換プログラムとか作ろうかなぁとか・・・思ったり思わなかったり。

  11. いっちー より:

    はじめて、コピペとかもログに残るのですね。
    勉強になりました。

    結構画面で見ている割合が非常に多いので、あまり印刷とかコピペまでは気にしていませんでした…

    HTML形式での印刷までだったらいいでしょうか?

    1. pro-boki より:

      >HTML形式での印刷までだったらいいでしょうか?
      受験生さんは、どうぞご自由に使ってください。読むなり、コピペするなり、印刷するなり、煮るなり焼くなりご自由に。使って頂けるのは、嬉しい限りです。

  12. 匿名で申し訳ありません より:

    こんにちは。
    本試験で心が折れてしばらく訪問してませんでしたが、私も試験前に職場と自宅の2つのパソコン(IPアドレスが違うと思います)から無断でコピペしてました。すみません。
    ワードに貼りつけて印刷して、改行箇所がうまくいってなかったらもう一度ってことで同じ問題でも複数回のコピペがあると思います。
    けれどここ3週間はコピペはしてないので「毎日大量に」ということはないはずです。
    また一息ついたら再度勉強させていただきたいので宜しくお願いします。

    1. pro-boki より:

      そういえばご無沙汰ですね。
      心が折れていましたか。ということは、心が折れるほど真剣にがんばってきたという証拠ですよね。であれば、結果に関わらず、糧になってますよね。

      >また一息ついたら再度勉強させていただきたいので宜しくお願いします。
      どうぞどうぞ。いつでもお待ちしております。

  13. ブレイク より:

    富久田先生、こんにちは!
    すみません、私も勉強用に印刷して読んでいます。
    印刷しているのは、勉強に必要なところだけですので、毎日大量に印刷はしてないと思いますし、先生の記事をパクッて商業用にできるほどのレベルではないので。
    逆に、もしも商業用で無断転載を見つけたら報告します。
    返事が遅れてすみません。

    1. pro-boki より:

      >すみません、私も勉強用に印刷して読んでいます。
      はい、どうぞどうぞ。受験生さんが利用されるのは大歓迎です。

      以前、N社で経験者コースというのをやって、確認テストやら講義資料やらで200ページ以上の資料を作ったのですが、「これらの資料の一切の著作権はN社に帰属する。なお、資料制作にかかるお金は払わない。」という契約書を突きつけられて、唖然としたことがあったものですから。商業利用にコピーされることにちょっと過敏になっています。

      こうなると、自分の作ったものなのに、自分のブログで使えなくなっちゃうんですよ。そんなアホな、という感じですよね。

  14. ブレイク より:

    富久田先生、こんにちは。
    今、ふっと思ったことなんですが、もうこのブログの内容が相当な分量なので、どうでしょうかCD等に焼いて販売するというのは?
    面倒でしょうが、お世話になっているこちら側としても先生に対しての応援と還元しているという意味で精神的に楽になりますし。
    実際、全然違う分野でお世話になったブログが書籍化した時には購入しているので。

    あと、N社の契約内容はひどいですね。
    もしかして、先生の作った確認テストや講義資料をそのまま使っちゃうのですかね。
    倫理的にほめられるものではないですね。
    私も、非常に憤りを感じます。
    「資料制作にかかるお金は払わない」というのは、個人のアイデアを大切に扱うという精神が無い。
    ということのなので、頭にきました。
    本当にひどい。

    1. pro-boki より:

      ブレイクさんへ
      すみません、ご返信遅くなりました。

      >もうこのブログの内容が相当な分量なので、どうでしょうかCD等に焼いて販売するというのは?

      いやいや、まだまだ全然です。最終的には、商会、工原、全論点について書くつもりです。それから過去問レビューもやるつもりです。出来れば過去10年分くらい。それから、理論噛み砕き解説とか、電卓テクとか、書きたいことまだまだたくさんあります。
      なので、こんな中途半端なところで販売とかありえないです。というかこのブログコンテンツを販売する気は全くないです。
      もし、将来、収益化を目指すなら、コンテンツを売るのではなく、全く違うビジネスを目指します。ざっくり言えば、講座は、結果が大事だと思うのです。いくら素敵な言葉を並べても、受からないんじゃ始まらない。講座受けているのに独学と同レベル、もしくはそれ以下の合格率とかじゃ、意味無いわけですよ。受講生実数、合格者実数を未公表って、おかしいでしょ。
      結果にコミットしてその対価としてお金頂くのが筋と思うのです。どこかで聞いた言葉ですね。ああライザップですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です