委託販売・試用販売(手許商品区分法)の実戦問題解法

手許商品区分法の実戦問題

それでは、本試験レベルでの手許商品区分法の問題を練習してみよう。簡単な問題から応用問題まで用意した。この3問をしっかり理解できれば、本試験でもまず大丈夫だろう。

手許商品区分法・期末一括法(初級問題)

次の資料にもとづいて損益計算書を作成しなさい。

決算整理前残高試算表(単位:円)
繰越商品 30,000 一般売上 215,000
積送品 90,000 積送品売上 100,000
仕入 160,000    
  1. 委託販売は手許商品区分法(期末一括法)により記帳している。
  2. 委託販売は利益率25%での指値による販売を委託している。
  3. 積送品勘定の期首残高は20,000円であった。
  4. 期末手許商品有高は18,000円であった。棚卸減耗などは生じていない。

答案用紙

損益計算書(単位:円)
Ⅰ 売上高      
 1.一般売上高   (    )  
 2.積送品売上高   (    ) (    )
Ⅱ 売上原価      
 1.期首商品棚卸高      
  (1)手許商品 (    )    
  (2)積送品  (    ) (    )  
 2.当期商品仕入高   (    )  
  合計   (    )  
 3.期末商品棚卸高      
  (1)手許商品 (    )    
  (2)積送品   (    ) (    ) (    )
  売上総利益     (    )

解答

損益計算書(単位:円)
Ⅰ 売上高      
 1.一般売上高   215,000  
 2.積送品売上高   100,000 315,000
Ⅱ 売上原価      
 1.期首商品棚卸高      
  (1)手許商品 30,000    
  (2)積送品  20,000 50,000  
 2.当期商品仕入高   230,000  
  合計   280,000  
 3.期末商品棚卸高      
  (1)手許商品 18,000    
  (2)積送品   15,000 33,000 247,000
  売上総利益     68,000

解説

手許商品区分法の問題の解法はパターン化されている。まず、手許商品と積送品用に商品ボックスを2つ作る。そして、前T/Bの各勘定の値をボックスに埋めていく。ポイントになるのが、仕入勘定と積送品勘定だ。期末一括法とその都度法では、ボックス図の指し示している位置が異なる。この点について忘れてしまっている人は、この記事の後半を再確認してほしい。

本問は、期末一括法なので、仕入勘定は、手許商品ボックスの②仕入を、また積送品勘定は、積送品ボックスの借方合計⑤+⑥(もちろん貸方合計⑦+⑧も同じ)を示している。これに基づけば、すべての数字が埋まる。

手許商品ボックス(単位:円)
①期首 30,000 ③売上原価 172,000
②仕入 160,000 ④期末 18,000
積送品ボックス(単位:円)
⑤期首 20,000 ⑦売上原価 75,000
⑥仕入 70,000 ⑧期末 15,000
  1. 前T/Bの繰越商品
  2. 前T/Bの仕入
  3. 貸借差額より
  4. 資料4より
  5. 資料3より
  6. 前T/Bの積送品90,000円−⑤20,000円=70,000円
  7. 積送品売上100,000円×(1−利益率25%)=75,000円
  8. 貸借差額より

手許商品区分法・その都度法(中級問題)

次の資料にもとづいて損益計算書を作成しなさい。

決算整理前残高試算表(単位:円)
繰越商品 14,500 一般売上 900,000
積送品 18,000 積送品売上 560,000
仕入 950,000    
  1. 委託販売は手許商品区分法(その都度法)により記帳している。
  2. 委託販売による指値は一般売価の25%増とし、毎期一定である。
  3. 当期積送高は310,000円であった。
  4. 期末手許商品有高は20,900円であった。棚卸減耗などは生じていない。

答案用紙

損益計算書(単位:円)
Ⅰ 売上高      
 1.一般売上高   (    )  
 2.積送品売上高   (    ) (    )
Ⅱ 売上原価      
 1.期首商品棚卸高      
  (1)手許商品 (    )    
  (2)積送品  (    ) (    )  
 2.当期商品仕入高   (    )  
  合計   (    )  
 3.期末商品棚卸高      
  (1)手許商品 (    )    
  (2)積送品   (    ) (    ) (    )
  売上総利益     (    )

解答

損益計算書(単位:円)
Ⅰ 売上高      
 1.一般売上高   900,000  
 2.積送品売上高   560,000 1,460,000
Ⅱ 売上原価      
 1.期首商品棚卸高      
  (1)手許商品 14,500    
  (2)積送品  21,600 36,100  
 2.当期商品仕入高   946,400  
  合計   982,500  
 3.期末商品棚卸高      
  (1)手許商品 20,900    
  (2)積送品   18,000 38,900 943,600
  売上総利益     516,400

解説

本問は、その都度法を採用しているため、仕入勘定は、②+⑦を、また積送品勘定は、⑧を示している。これに基づいて数値を埋めると次のようになる。

手許商品ボックス(単位:円)
①期首 14,500 ③売上原価  
②仕入   ④期末 20,900
積送品ボックス(単位:円)
⑤期首   ⑦売上原価  
⑥仕入 310,000 ⑧期末 18,000

1.前T/Bの繰越商品
2.+7.=前T/Bの仕入950,000円
4.資料4より
6.資料3より
8.前T/Bの積送品

さて、あと判明している情報は、委託販売の売価は一般販売の1.25倍ということだ。以上から、ボックス図を埋めればいいわけだ。はっきり言って、もう、これは簿記というよりパズルだ。知っていればどうってことないけど、本試験でこ初見でこういった問題に当たってしまったら、まず無理だろう。簿記力は関係ない。

これ、どこに注目すればいいか。売上原価の合計(=③+⑦)金額を求めればいいのだ。なぜなら、一般売上と積送品売上の額が判明しているので、売上原価合計が分かれば、原価率を求められるからだ。

では、③+⑦は、どうすれば求められるか。これは、③+⑦=①+②+⑦−④ という関係にあることに気付くかどうかが鍵だ。そして、②+⑦は、前T/Bの仕入950,000円なのだから、③+⑦=14,500円+950,000円−20,900円=943,600円だ。

つまり一般売上900,000円と積送品売上560,000円の売上原価は943,600円なのだ。積送品売上は、一般販売の1.25倍なので、原価率は次の式によって求められる。

一般販売原価率:943,600円÷(900,000円+560,000円÷1.25)=70%
委託販売原価率:70%÷1.25=56%

よって、③:一般売上900,000円×70%=630,000円、⑦:積送品売上560,000円×56%=313,600円と判明する。そして、②と⑤はボックスの貸借差額が計算できる。

手許商品ボックス(単位:円)
①期首 14,500 ③売上原価 630,000
②仕入 636,400 ④期末 20,900
積送品ボックス(単位:円)
⑤期首 21,600 ⑦売上原価 313,600
⑥仕入 310,000 ⑧期末 18,000

手許商品区分法・期末一括法(上級問題)

次の資料にもとづいて損益勘定および決算残高勘定を作成しなさい。

  1. 当社は単一商品を一般販売と委託販売にて販売している。商品の仕入単価は前期、当期とも一定である。
  2. 委託販売は手許商品区分法(期末一括法)により記帳している。
  3. 委託販売による指値は一般売価の25%増とし、毎期一定である。
  4. 期首手許商品棚卸高は600個、期首積送品棚卸高は400個であった。
  5. 当期商品総仕入高は、10,000個であり、仕入戻し高は600個であった。
  6. 委託販売のために当期に委託先に発送した商品は2,000個であった。期中に返品はなかった。
  7. 決算整理前残高試算表の仕入勘定は14,800万円、積送品売上勘定は5,850万円であった。
  8. 期末手許商品の棚卸によれば、帳簿棚卸高は650個、実地棚卸高は640個であった。
  9. 期末積送品棚卸高は(原価)900万円であった。
  10. 期末商品の正味売却価額は@1.8万円/個である。

答案用紙

損益(単位:万円)
仕入 (    ) 一般売上 (    ) 
棚卸減耗損 (    ) 積送品売上 (    ) 
商品評価損 (    )    
決算残高(単位:万円)
繰越商品 (    )
積送品 (    )

解答

損益(単位:万円)
仕入 18,600 一般売上 17,640
棚卸減耗損 20 積送品売上 5,850
商品評価損 218    
決算残高(単位:万円)
繰越商品 1,152
積送品 810

解説

本問の特徴は、資料が、個数ベースで与えられている点にある。実は本問の難易度は先の中級問題と同等か少し易しいくらいだ。しかし、このように目先を変えられると、途端に出来なくなってしまう受験生が少なくない。それは、定型的なボックス図の書き方を暗記しており、少しでも形が変わると、どのように情報を整理すればよいのか混乱してしまうからだ。

基本的には、これまで紹介したように、手許商品と積送品用に商品ボックスを2つ作り、数値をボックスに埋めていくだけだ。ただし埋める数値は、金額ではなく、個数に揃えるというのがポイントだ。計算途中で商品の仕入原価が判明する。そして、それを元に全ての個数と金額が判明するようになっている。

本問は、過去問をベースに作問したものだ。だから、本試験でも、これくらいの問題は出題されると心得てほしい。ただし、ある種パズルみたいなものなので、出来ないからと言ってがっかりする必要はない。どうも、この手のパズルは何度やっても苦手、という人は、ばっさり切ってしまうのも現実的な対策と言える。(まあ、切るならその代わりに、他の論点をより出来るようにしておかなければならないけどね)

Step.1

まずは、資料から容易に判明する箇所の数値を埋める。全て個数ベースであることに注意してほしい。

手許商品ボックス(単位:個数)
①期首 600 ③売上原価 7,350
②仕入 7,400 ④期末 650
積送品ボックス(単位:個数)
⑤期首 400 ⑦売上原価  
⑥仕入 2,000 ⑧期末    
  1. 資料4より
  2. 資料5総仕入高10,000個−仕入戻し600個−資料6当期積送高2,000個=7,400個
  3. 貸借差引より
  4. 資料8より
  5. 資料4より
  6. 資料6より

Step.2

ここで、仕入原価を算定する。資料7より、決算整理前残高試算表の仕入勘定は14,800万円だ。これがボックス図のどこを示しているのかを理解しているかどうかが鍵だ。本問は、期末一括法なので、仕入勘定は、②仕入のことだ。(なお、もし、その都度法なら、②仕入+⑦売上原価)

ということは、7,400個で14,800万円なので、仕入原価は@2万円(=14,800万円÷7,400個)と判明する。

Step.3

仕入原価@2万円と判明したので、資料9の期末積送品棚卸高(原価)900万円から個数が判明する。450個(=900万円÷@2万円)だ。よって、貸借差引で⑦の個数も判明する。

手許商品ボックス(単位:個数)
①期首 600 ③売上原価 7,350
②仕入 7,400 ④期末 650
積送品ボックス(単位:個数)
⑤期首 400 ⑦売上原価 1,950
⑥仕入 2,000 ⑧期末 450
  • 損益勘定における仕入(売上原価のこと)を算定する。(7,350個+1,950個)×@2万円=18,600万円

Step.4

棚卸減耗損と商品評価損、および期末商品と期末積送品の額を計算する。

  • 資料8から手許商品の棚卸減耗損は、(650個−640個)×@2万円=20万円
  • 資料10から、商品評価損は、(@2万円−@1.8万円)×(手許640個+積送品450個)=218万円
  • 期末商品は、@1.8万円×640個=1,152万円
  • 期末積送品は、@1.8万円×450個=810万円

Step.5

一般売上を算定する。資料7から、積送品売上は5,850万円であり、その販売個数は⑦1,950個であるから、販売単価は@3万円(=5,850万円÷1,950個)である。

資料3から委託販売による指値は一般売価の25%増なので、一般売価は@2.4万円(=@3万円÷1.25)である。よって、一般売上は、@2.4万円×7,350個=17,640万円である。


関連記事

委託販売・試用販売(手許商品区分法)の実戦問題解法” に対して1件のコメントがあります。

  1. きゃろる より:

    こんにちは。
    どうしても特殊商品売買は苦手です。
    手許商品区分法・期末一括法(初級問題)からつまずきました。
    積送品ボックスの7.積送品売上100,000円×(1−利益率25%)=75,000円
    とありますが、原価率はかけないのですか?
    一般売上が215,000円で、手許商品ボックスの売上原価が172,000円ということは、原価率は80%だと思い、7.積送品売上100,000円×(1−利益率25%)=75,000円に80%を掛けてしまいました。
    そのため、期末商品の積送品を違えてしまいました。この場合80%は掛けなくてもいいのでしょうか?

    1. きゃろる より:

      追加です。
      多分、2.委託販売は利益率25%での指値による販売を委託している
      の意味をちゃんと理解していないからだと思います。
      いつも、一般売上のxx%増しという問題ばかり見ているので、一般売上の25%増しだと思ってしまいました。
      この意味は、委託販売の原価率が75%ということなのでしょうか?
      そもそも”指値”がよくわかりません。
      ご説明頂きたく、宜しくお願いします。

    2. pro-boki より:

      率の表記はとても大事ですね。これを読み取れないと、問題を解く前提が崩れてしまいます。まず、「指値」という用語について説明します。これは、受託者に対して、「この商品をいくらで売ってください」と指定することです。値段を指定するから指値といいます。

      指値の方法はいろいろあります。例えば原価が80円だとします。

      ・(単に)指値100円という言い方もします。この場合、売価は100円です。
      ・値入額20円という言い方もします。この場合、売価は、80円+20円=100円です。
      ・利益率20%という言い方もします。この場合、売価は、80円÷(1−20%)=100円です。
      ・マークアップ率20%という言い方もします。この場合、売価は80円×1.2=96円です。
      ・値入率20%という言い方もします。マークアップ率は値入率と同じ意味ですので、売価は80円×1.2=96円です。
      ・原価率80%という言い方もします。この場合、売価は80円÷0.8=100円です。

      このように、指値の方法は、さまざまなパターンがあります。「一般売上のxx%増し」という風に決めつけた計算をしてはいけません。慎重に問題の指示を読み取るようにしましょう。

  2. きゃろる より:

    ご説明ありがとうございます。
    マークアップ率は初めて聞いたような気がします。
    ちゃんと問題を読まなかったり、決めつけたり、早とちりをしてはいけないですね。
    結構、それで失敗している気がします。気をつけます。

    1. pro-boki より:

      マークアップは、実務でも使われる用語です。また、全経ではマークップという用語を用いた問題が数回出題されています。ただ日商では見たことないですね。

      それから、この原価と売価と利益の関係というのは、工業簿記の歩減率(ぶべりりつ)と減損率(仕損率も同じ意味)なんかとも似た概念です。

      例えば、100kg投入して、80kg生産されて、20kg減損するとします。
      このとき、歩減率は20%(=20kg÷100kg)、減損率は25%(=20kg÷80kg)です。

      つまり、◯◯率と言っても、歩減率と減損率では、微妙に意味が違うわけです。また、問題文に◯◯率と書かれていない場合もあります。日商だと「良品80kgに対して20kg減損」という表現が多い気がします。全経では「100kg投入して20kg減損」という表現が多いと思います。

      このように色々な表現がありますので、問題文はどちらを言っているのか、早とちりせず、きちんと読み取るようにしてくださいね。

  3. きゃろる より:

    ありがとうございます。
    確かに微妙に言い回しが違うと混乱してしまいます。
    せっかちなので、早とちりをしているということもありますが、問題文の質問の意味をよく理解できないから、最終的に知っている方法を取ってしまいます。
    つまり、今まで解いたことのない出題パターンが出ると間違える。
    でも、ちゃんと本質を理解して、予想問題よりも、過去問をたくさんこなす方が良いということが1級の勉強を始めてからだいぶ経つのに、最近気がつき、実感してきました。
    どんな表現がでても大丈夫なように勉強します。
    できが悪く、変な質問をしてしまうと思いますが、これからも宜しくお願いします。

  4. ひろりん より:

    中級問題までやってみましたが、本当にパズルのようで、すでにアップアップです(笑)

    ところで、確認なのですが、
    中級問題 解説 一般販売原価率の箇所
    560000円×1.25になっていますが、
    560000円÷1.25でしょうか?
    一般販売の売上に戻すから÷だと思ったんですが。
    ご確認お願い致します。

    1. pro-boki より:

      ひろりんさん、ありがとうございます。ご指摘のとおりです。修正しました。助かります!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です