152回日商簿記1級・詳細解説【原価計算編】

原価計算の問題全体をとおして

前回(150回)と同じようなコメントになってしまうのですが、本問も難易度そのものは易しいレベルでした。ただ、この作問者の特徴でもあるのですが、題意が読み取りにくい、指示があいまい、本筋以外の設問、解答条件を後出しにしてくるなど、検定試験としての作問には難点があると感じます。

試験委員に任命されるくらいの立派な先生ですから研究実績は素晴らしいのだと思います。ただ、作問というのは、また別なのでしょう。

問題自体は一部をのぞき易しいです。過去の予算編成を簡略化した感じです(過去の問題を再利用するのもこの先生の特徴といえます)。平均点は高めだと思います。

予算編成

問1と問5 9月の予算貢献利益と予算営業利益ほか

販売価格、販売数量、原価標準、変動販売費、固定費といった情報が与えられて、貢献利益と営業利益を答えなさいという問題です。簡易P/Lを作るだけです。5分もかかりません。
しかも、この簡易P/Lを作りさえすれば、問1の貢献利益と営業利益ばかりか、問5の①も②も⑦も答えられます。解答箇所13箇所のうち、5箇所の解答が作れてしまいます。本当にこれで実力を検定出来るのでしょうか。易しければいいというものでもないような気がします。

売上高 @1,500×25,000個= 37,500,000
変動製造原価 @900×25,000個= 問5⑦ 22,500,000
変動販売費 @90×25,000個= 2,250,000
貢献利益   問1 12,750,000
固定費 200万円+625万円= 8,250,000
営業利益   問1 4,500,000
  • 問5 ①:貢献利益率12,750,000÷37,500,000=34%
  • 問5 ②:営業利益率4,500,000÷37,500,000=12%

問2 (6)までの条件にもとづいて、9月の予算現金残高

過去問(122回,101回)に似た問題があります。解いた経験があれば容易だったと思います。なお、知らなくても問題文の通りに丁寧解いていけば解答可能だったと思います。

現金収入
月初売掛金
28,000,000
当月の現金収入
貸借差額より35,500,000
当月売上
37,500,000
期末売掛金
37,500,000×80%=30,000,000
原料費の現金支出
当月の現金支出
貸借差額より9,750,000
月初買掛金
3,500,000
月末買掛金
12,500,000×50%=6,250,000
当月原料購入
@500円×25,000個=12,500,000
それ以外の現金支出
原料以外の材料費 7,650,000円
労務費 8,800,000円
経費 2,800,000円
機械購入 7,000,000円
合計 26,250,000円
現金残高

月初現金10,000,000+収入35,500,000−原料支払い9,750,000−その他支出26,250,000=9,500,000

問3 (7)と(8)を踏まえ9月の月初にいくら借入れをすべきか

(7) 各月末に保有すべき最低の現金残高は10,000,000円である。銀行からの借入れは月初、元本の返済は年末にまとめて行う。
(8) 資金調達と返済 月末の現金残高が最低必要現金残高を下回ると予想される月においては、あらかじめ500,000円の倍数で月初に月利0.2%でその不足額を借り入れておく。その利息は月末に支払う。

問2によれば現金残高は950万円であり、最低現金残高1,000万円に50万円足りません。よって、これを月初に借りますが、この場合、この借入金の支払利息1,000円(=50万円×0.2%)を月末に支払うこととなり、結果、現金残高は9,999,000円で最低現金残高1,000万円に1,000円届きません。よって、100万円借り入れます。

問4 9月の予算経常利益

  • 営業利益は、問1より4,500,000円
  • 支払利息は、問3より借入金100万円×0.2%=2,000
  • よって、経常利益は、4,500,000円−2,000円=4,498,000円

問5 CVP分析

9月の貢献利益率は( )%であり、売上高営業利益率は( )%と予想される。当社では、月問売上高営業利益率目標を( )%と設定しているため、予算編成段階での営業利益未達額は750,000円となる。( )は約2.83であり、売上高が5.9%増加すると営業利益は16.697%増加し、その増加額は( )円となり、目標売上高営業利益率を達成できる。

しかし、市の競争が激しく、売上高の増加は見込めない。そのため、製品Xの設計変更による原料消量の削減と作業改善による加工時問の短縮を検討したところ、9月からこれらのコスト削減が実現可能であり、これにより売上高営業利益率がちょうど( )%となることがわかった。そこで製品原価標準について、原料費も変動加工も価格標準は変わらないが、原料費の物量標準を1個当たり( )g、変動加工費の物量標準を1個作るのに0.19時問に改訂することにした。この結果、変動売上原価は標準改訂前の( )円から( )円となる。

①と②は、問1で計算したとおり、34%12%です。貢献利益と営業利益を問1で答えさせておいて、単に売上高で割っただけのことを問5で聞いてくるというのもいかがなものかと思います。

③は予算営業利益4,500,000は目標にくらべて750,000足りないので、目標は5,250,000。売上が37,500,000であり割るだけです。14%。

④は、文章から経営レバレッジ係数を言っているのだろうと予想がつきますが、一応チェックしてみます。

経営レバレッジ係数:貢献利益1,275万円÷営業利益450万円=2.8333…

問題文と整合してますので、経営レバレッジ係数が正解です。

⑤は、書かれているとおりに計算します。営業利益が450万円、16.697%増加するといくらですか?という問題。いつから小学生の算数のテスト受けることになったんでしょうかね。私は。450万円×16.697%=751,365円

ちなみに、売上高が5.9%増加という点から、簡易P/Lを作って正確に計算すると、貢献利益1,275万円×1.059−固定費825万円=5,252,250円となり、752,250円の増加となります。

しかし解答は751,365円です。問題文は、経営レバレッジ係数2.8333…を丸めた約⒉83にもとづく解答を要求しているため、正確に計算すると×になります。ご注意ください。

最後は、おなじみのちょっとだけパズルチック問題です。もう飽きました、このパターン。簿記に必要なんですかね?こういうの。たまにはいいですけど毎回毎回はどうかと思います。

コスト削減したら、営業利益が14%(5,250,000円)になるとのこと。固定費が825万円、変動販売費が225万円ですから、逆算すると、変動売上原価は2,175万円ですね。これが⑧。ちなみに⑦は問1で計算済みの2,250万円です。

25,000個作って2,175万円ってことは、原価標準は2,175万円÷25,000個=@870円

直接材料費@5円×?+変動加工費@2,000円×0.19=@870円

ここから、?は98です。

数万人が受験する試験です。可能であれば、もう少し作問にお時間と労力をお使いいただけると幸いだと思うのです。

さいごに

こちらの記事にも書きましたが、本問は、(6)の資料に販管費の現金支出が含まれているのかどうかの判断が出来ず、私は間違えました。

私は、(6)の資料に「材・労・経」に販管費が含まれているのか否かで悩みました。通常、「材・労・経」といえば製造原価における形態別分類のことであり、たとえば、一般管理費である経営管理者の給料や、販売費である販売店員の給料を「労務費」とは言いません。人件費といいます。(まあ絶対、労務費と言わないかと言われればそうでもないのですが)

よって、販管費は含まれていないのではないかと考えたのです。

また、(6)の資料に製造原価と販管費のすべての現金支出を含むのであれば、(5)の条件を一切使わないことになります。それにも関わらず、わざわざ資料として与えるのだろうかと。

さらに、通常営業をしているのであれば(突発的なことがなければ)現金有高はそうそう大きく増減しないことが想定されます。今回は、機械購入700万円という突発的な出来事がありました。それにも関わらず、100万円だけの借り入れですむのだろうかと。

これらの観点から、私は、(6)の資料には販管費は含まれていないのであろうと判断しました。

しかし、いったん事務所に戻って、(6)の資料を無視してあらためて販管費と加工費を計算してみると

  • 変動加工費:@400円×25,000個=1,000万円
  • 変動販売費:225万円
  • 固定加工費・固定販管費:825万円−減価償却費125万円=700万円
  • 合計:1,925万円

このようになり、(6)の資料と整合していることが分かります。つまり、販管費は含まれていたのです。間違えました。ここを間違えても80点は超えているので合格という点では大丈夫なのですが、なんとも言えず残念な気持ちが残りました。

プロ簿記講座の第6期生募集します

日商簿記1級合格に焦点を絞ったプロ簿記講座の第6期がはじまります。学習計画の立て方、暗記ではなく本質の理解にこだわった授業、実際の解き方を見せるライブ講義、合格までに読んでおくべき会計書籍の紹介などなど、合格するのに必要なことは全て提供します。とにかく合格してもらいます。

コースと価格はさまざまです。カタログはこちらです。より詳しい内容とお申込みは以下をクリックしてください。

プロ簿記講座のご案内

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です