1級商会・デリバティブ取引

デリバティブ取引

デリバティブ取引。ここ、結構苦手にしている人多いんじゃないかな。実は、これ、全然難しくない。難しいのは用語だけ。やってることも仕訳もとっても簡単。でも、用語にやられちゃうんだよな。

今回から2回、デリバティブとヘッジ会計について解説するよ。しっかり読めば必ず理解できるはず。仕訳を覚えるんじゃなくて、その取引の意味を知ろう。でははじめるよ。

FXはデリバティブ取引

皆さんはFXって聞いたことあるだろうか。FXはまさにデリバティブ、外国通貨の先物取引だ。やったことある人は、もう先物取引を体験済みということだ。多分、自分が先物取引をしているという感覚は無いと思うけどね。

やったこと無い人に簡単に説明するよ。

今、1ドルあたり100円だとするね。これを1万ドル買う。100万円だ。しばらくしたら1ドルあたり110円になった。ここで1万ドル売る。110万円だ。10万円儲かった。これが基本。

で、この取引をするには、普通は100万円必要だ。ところがこれを10万円でやる方法があるんだ。(もっと少なくてもいいけど分かりやすく10万円とする)。それがFX。

どういうことかというと、まず、保証金として10万円をFX会社に預ける。そして1ドルあたり100円のときに1万ドルの買い注文を入れる。で、1ドルあたり110円になったら売り注文を入れる。すると差額の10万円が貰える。こういう仕組み。
もちろん逆に円高になって1ドルあたり95円のときに1万ドルの売り注文を入れると5万円損する。すると保証金から5万円引かれる。こういうこと。すごく簡単。

ポイントは、「損失は、保証金の額までしか許されない」ということ。つまり、もし円高になって1ドルあたり90円になったら10万円の損だから保証金と同じになっちゃうよね。こうなると強制的に売らされて10万円の損失が確定して、終了する。これをロスカットという。(実際は、1ドルあたり90円になる前に、たとえば91円くらいで「そろそろロスカットですよ。もし続けたいなら、保証金を追加で入れてね」っていう連絡がくるけど。)

デリバティブ取引は約束するだけ

どうだろう。仕組みは分かっただろうか。今回はFXを例に説明したけど、先物取引はどれも同じ仕組みだ。FXは対象が外国通貨というだけ。一般的な先物取引は、金とか銀とか原油とか小豆とかを対象にする。そこが違うだけ。

ここで勘違いしやすいのが、FXの世界で「買った」といっても実際に買ったわけではないということ。あくまでも「1ドルあたり100円で1万ドル分買って、いつかはカレントレートで売るという”約束”をした」にすぎないということだ。

ここまで分かれば、もうデリバティブの半分くらいは分かったようなものだ。

デリバティブ取引の会計処理

さて、会計処理。

1ドルあたり100円で1万ドル分の買い注文を入れたとしよう。でも、この瞬間は約束をしただけにすぎないので仕訳はしない。

そして、決算時に、為替レートが1ドルあたり105円だったとしよう。すると、その瞬間に約束を行使すれば(つまり1ドルあたり100円で1万ドル分買って、即時105円で売れば)5万円儲かるわけだ。実際に行使しなくても行使しようと思えば出来る状態だ。これは、売買目的有価証券の時価評価と似ている。つまり、含み益の状態だけど、行使しようと思えば即時行使できるので、これをその期の損益として損益計算書に計上するんだ。

ここで、勘定科目が問題になる。「行使すれば収益が得られる約束」をどう呼ぶかということだ。これを「先物取引差金」といってなんというか未収金のように扱うんだ。何しろ有価証券のように実体のあるものではなく、「約束」というバーチャルなものなので、イメージつかみにくいけど、まあ、行使すれば収益が得られる約束って資産価値あるよね。

で、相手勘定は「先物損益」だ。これは、別に名前は何でもいい。ようするに営業外収益に計上されるよってことが分かればOK.

よって、次の仕訳が切られる。
(先物取引差金)50,000 (先物損益)50,000

さて、翌期首。これも売買目的有価証券と同じような感じだ。洗替法を採用しても切り放し法を採用しても構わない。洗替法なら再振替仕訳をするだけの話。ここでは、洗替法を採用しているとする。よって、次の仕訳が切られる。
先物損益)50,000 (先物取引差金)50,000

そして、決済時。1ドルあたり110円になったので、決済した。すると1ドルあたり100円で1万ドル分買って、110円で売却したことになるので10万円儲かる。よって、次の仕訳になる。
(現金)100,000 (先物損益)100,000

実際は、冒頭にも書いたとおり、保証金を入れないと先物取引は始められない。なので、上記の仕訳に加えて、契約したときに次の仕訳が入る。
(先物取引差入証拠金)100,000 (現金)100,000

さらに、決済時に、もうそのFX会社とは付き合わない、というのなら保証金を返金してもらう。そのときは次の仕訳を行う。
(現金)100,000 (先物取引差入証拠金)100,000

ただ、現実には、保証金は入れっぱなしの場合が多いと思う。しかし、試験では、だいたい、1回の取引が終わると、保証金も返金するという仕訳をするようだ。このあたりは問題文に従ってくれ。

取引イメージが大事

まずは、ここまでの取引イメージを完全につけてほしい。そして大事なことは、デリバティブは実体がないバーチャルなもの(上記では約束と表現)だけど、それでも決算時にはその約束を資産(または負債)計上し、かつ、評価差額を損益計上するということだ。

損益計上するということは損益計算書にも計上されるし、税金にも影響してくるってこと。これ、実務では結構、見落とすんだよね。

次は、ヘッジ会計書くよ。

次回のヘッジ会計の理解には、その前提として、このデリバティブがちゃんと分かっていることが必要だ。だいたいヘッジ会計が苦手な人は、デリバティブも分かっていない。だから、まず、ここまでしっかりイメージしよう。

余談

ものすごい余談なんだけど。僕は2006年からFXやっているからもう10年やってることになる。当時は全然法整備もされていなくて、あやしい業者がたくさんいた。それでも、とにかくこれは儲かると思ってやっていた。

事実2006年から2008年に掛けては数千万円の利益を出していた。もう、一生これだけで食っていけるんじゃないか、と思うほどだった。税金が大変だった。ところがそこにやってきたのがリーマンショック。数千万の利益は全てふっとんだ。もうね。阿鼻叫喚とはこのことだよ。

でも、トータルしたら多分プラスマイナスゼロくらいじゃないかなと思う。でもとんでもないワナがあった。儲かったときは税金何百万円も取られるのに、損しても返って来ないんだ。これは個人でやっていたから。当時、FXの収益は雑所得扱いで、損益通算も繰越控除も出来なかったんだよね。これはがっかりした。

で、あわてて、法人契約のFXに切り替えたんだ。登記簿の定款も変更してね。こうしておけば、損益通算も出来るし、損しても繰越欠損金になるからね。

ということで、このあたりは、経験あるので詳しいのでした。


関連記事

1級商会・デリバティブ取引” に対して1件のコメントがあります。

  1. 熱男 より:

    >> 法人契約のFXに切り替えたんだ。登記簿の定款も変更してね。こうして
    >> おけば、損益通算も出来るし、損しても繰越欠損金になるからね。

    この手がありましたか。

    そういえば、次期某国大統領もこれに似たような話があったような…

    今後の参考になりました!?

    1. pro-boki より:

      熱男さんもFXやってるんですか?
      法人いいですよ。PCも書籍も新聞も自宅の家賃(の一部)ですら事務所費として損金にできますし。自分自身への給料すらも経費ですからね。まあ、これは会社持っていれば誰でもできますけど。
      法人作るのなんて簡単だから、もしある程度大きな額を動かしているなら、法人作るのおすすめです。ただ、法人だと決算で税理士さんのお世話にならざるを得ないので、その額を上回るくらいの利益が出そうな場合におすすめです。

    2. 熱男 より:

      >> 熱男さんもFXやってるんですか?

      FXは、時間もないので、やっていません。

      今はサラリーマンなので、
      法人を持つことができませんが、
      将来的には考えており、
      これって株の場合でも、売買目的有価証券ということで、
      似たようなことができるかなと思った次第です…

      そのときには、税理士さんときちんと話ができるぐらい
      簿記の知識も高めたいです。

  2. ひろりん より:

    こんにちは。

    差入証拠金って何のためのお金なのか、いまいちわかりませんでしたが、その金額まで損失はオッケーって感じなんですね。
    テキストでは最後にいつも逆仕訳なので、どうせ返ってくるなら差し入れる必要ある?なんて思ってましたが、そういうことなんですね。

    勉強になりました。

    1. pro-boki より:

      >差入証拠金って何のためのお金なのか、いまいちわかりませんでしたが、その金額まで損失はオッケーって感じなんですね。

      そうですそうです。先物取引において、証拠金は超大事。これを担保にして約束しているわけですから。これがないと先物取引にならない。ちなみにFXの正式名称は、外国為替証拠金取引といいます。こういうのって授業では教えてくれないのかな?結構大事ですよ。

  3. ファイティン より:

    先生、デリバティブ取引もあまり問題を解いていないので苦手です。
    私も「先物取引差入証拠金」は、保証金なんだろうなあと思っていたぐらいで
    超大事だとは・・詳細までは、理解していませんでした。
    「先物取引差金」勘定もB/S勘定だと理解しておらず・・実態がよくわかりました。
    ところで、もし「切放法」であれば、
    決済時に、現金100,000/先物取引差金50,000
    /先物損益 50,000
    以上の仕訳になるんでしょうか?
    (投資ってこわくて手が出せません・・)

    1. pro-boki より:

      >ところで、もし「切放法」であれば、・・・

      そのとおりです。その仕訳であってます。
      洗替法のメリットは、取得原価だけ判明すれば、決済時に仕訳が切れるということですね。
      もし切放し法にしちゃうと、そのときの簿価(つまり前期決算における時価)が判明しないと仕訳が切れないですからね。

      基本、デリバティブは会計処理だけ見れば売買目的有価証券と同じことやっているということですね。

  4. 佐々木 より:

    ブログ拝見して勉強させていただきました。

    初歩的な事で申し訳ないのですが、上記説明の

    期末(先物取引差金)50,000 (先物損益)50,000

    翌期首(先物損益)50,000 (先物取引差金)50,000

    翌期末(現金)100,000 (先物損益)100,000

    で仕訳した場合、1番初めの期末時に5万円分の利益を出した分、税金を払うのでしょうか?

    翌期末に処分せずに利益が出たまま保有した場合は毎期、毎期、利益分の税金を払う事なのでしょうか?

    それだと、多く税金を払ってる計算になりませんか?

    いまいち、計算がわかりません。教えていただけると幸いです。

    1. pro-boki より:

      >で仕訳した場合、1番初めの期末時に5万円分の利益を出した分、税金を払うのでしょうか?

      はい。課税対象です。

      >翌期末に処分せずに利益が出たまま保有した場合は毎期、毎期、利益分の税金を払う事なのでしょうか?

      評価額が上昇し続けた場合は、そのとおりです。逆に評価額が下がればその分は税務上の損金となりますので税金が安くなります。具体的に次のケースを考えてみましょう。

      1年度取得:100で取得
      1年度期末:110で評価
      2年度期末:150で評価
      3年度期末:140で評価
      4年度期中:120で売却

      この場合、1年度期末に10に対して課税され、2年度末には40に対して課税され、3年度末は逆に10の分税金が安くなります。さらに、売却時には、20の分税金が安くなります。

      結局1年度から2年度にかけて50に対して課税されますが、3年度から4年度にかけて30の分税金が安くなりますので、トータルすると、20に対して税金が掛かります。

      100で取得したものを120で売却して20に対して税金が掛かっているので、損も得もしていません。

  5. 佐々木 より:

    とても分かりやすい説明して頂きありがとうございます。

    なぞが全て解けました。

    実際に売却して利益が出た時に税金を納めないのが不思議でしたが、そもそもの考え方が違っていました。

    分かりやすい説明のおかげで、全て納得できました。ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です