本試験直前にとっておきのワザを1つ授けよう

いよいよ明日は本試験

もうね、あまり難しい問題に手を出してはいけないよ。SPCだとか特殊商品売買のパズル問題だとか。そんなのはもうやらなくていい。それから、逆取得だとか、包括利益だとか…すでに理解出来ているならいいけれど、苦手意識あるなら、もういいから。今更やっても、修得まで時間掛かるし、そもそも、そのあたりの論点は、もし出題されても埋没可能性高いから。

そんなことより、今やるべきことは基本問題の確認だ。案外、つまづきやすいのが2級レベルの論点だ。例えば銀行勘定調整表、大丈夫?瞬殺できる?秒速で解いてよ。こんなんで、いちいち悩んでいるようだったら、いくら包括利益の問題が解けても意味ないからね。

例えば、社債。これも瞬殺できる?2級レベルの買入償還とか、案外苦手にしている人、多いんじゃない?ちょっとミニテストをしてみよう。

社債のミニテスト(2級レベル)

では、簡単なミニテストをやってみよう。2級レベルの基本問題だ。まずは自分の実力チェックに使ってほしい。制限時間は3分だ。

問題(過去問第108回商業簿記)と解答

当社の当期の決算日は平成16年9月30日である。平成13年4月1日に額面総額 5,000千円,発行価額1口 100円につき 95円,利率年1%,利払日3月末 日および9月末日,期間5年の条件で発行した普通社債のうち,額面総額 2,000千円を平成16年3月31日 に1口 100円につき 99円(裸相場)で買入償還を行った。当期の決算整理後の社債はいくらか?なお前期末の貸借対照表における社債は4,875千円である。

解答

2,955千円

解説

まず、某社発行の過去問題集に載っていた解説を紹介しよう。

買入償還時の処理

買入償還分の簿価

2,000千円×@95円÷@100円+{2,000千円×(@100円−@95円)÷@100円}×30ヶ月÷60ヶ月=1,950千円

買入償還分の償却原価

{2,000千円×(@100円−@95円)÷@100円}×6ヶ月÷60ヶ月=10千円

合計:1,950千円+10千円=1,960千円

仕訳
  (借) 社債利息 10 (貸) 社債 10
  (借) 社債 1,960 (貸) 現金預金 1,980
  (借) 社債償還損 20

未償還分の処理

未償還分の償却原価

{3,000千円×(@100円−@95円)÷@100円}×12ヶ月÷60ヶ月=30千円

仕訳
  (借) 社債利息 30 (貸) 社債 30

集計(解答)

  4,875千円+10千円−1,960千円+30千円=2,955千円

講師のいいたいこと

こういう解説、鵜呑みにして、そのとおりに計算してたら受からない。

講師の解き方

償却原価率は5年で5%だから1年で1%だ。平成13年4月1日発行、当期末は平成16年9月30日だから、3.5年経過している。よって決算日時点では95%+3.5%=98.5%になっているはず。なお、期中に40%償還しているから、60%残っているはず。よって、期末の社債は

5,000千円×98.5%×60%=2,955千円

これでおしまい。1分で計算できる。どちらの解き方が早くて確実か、考えてみてほしい。

とっておきのテクニック

市販の過去問題集は、「正しく、網羅的に、秩序を持って」解説が執筆されている。だから、全ての仕訳を丁寧に切って、それらを集計していくことで、決算整理後の残高を求める方法を記載している。

正しい。実に正しい。それが本来の簿記における処理方法だと思う。何ら批判を受けるべきものでもない。

でもだよ。試験においても、その手順を踏むのがベストなんだろうか。いま、求められているのは、決算整理後の社債の額だけだよ。それにも関わらず、途中経過の仕訳も全て行うべきなんだろうか。

試験は、限られた時間内に、聞かれたことを正確に答えた者が勝者となる。時間は無制限ではない。無駄なことをした者はそれだけ不利になる。そして、無駄な作業は、それだけ手数が多くなることだから、結果、ケアレスミスも誘引される。ろくなことはない。

だから、大事なことは、「この問題では何を聞かれていて」「そのためには、何をしなければならないのか」と同時に「何を省略できるのか」ということを意識することだ。

本問のように、期末残高が聞かれているなら、それだけ計算すればいいのだ。期中の償還額や、ましてや償還損など計算する必要はない。

本当であれば、こういう総合問題でのスピードアップテクニックは普段から練習しておくべきだ。でも、まあ、この社債(特に定額法)の時短テクだけでも、今覚えれば明日有用なので是非使ってほしい。

繰り返すが、問題に取り組むときは、先に答案用紙を見て、何を問われているかを確認して、無駄な計算をしないことを意識してほしい。


関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です