第150回日商簿記1級合格体験記【えるらだん(elladan)さん】

私が簿記の勉強をしようと思い立ったのは、企画部門に移籍して半年経ったころです。経理部門とスムーズに会話できるようになることが目標でした。全くのゼロからのスタートでしたが、2級には3ヶ月で合格できたので、調子に乗って半年後に独学(TACの教科書)で1級にチャレンジしました。しかし、58点で敗退。

このまま同じやり方を繰り返しても合格すると思えず、試験直後にネットでオンライン講座を探していました。そうしたときに出会ったのがプロ簿記ブログの連結会計の解説記事でした。まさに目から鱗。富久田先生の「基本が大事」というメッセージにも共感し、入会を決めました。

社会人学習の最大の課題は、モチベーションの維持と勉強時間の確保だと思います。私は、いつ次の異動があってもおかしくなかったので、次が最後のチャンスだと思って取り組むことにしました。とはいっても、計画倒れにならないよう、直前期以外は平日の出勤前と帰宅後でやり切る計画を立てました(実際には週末に残業や飲み会の分を補ったのではありますが)。

具体的には、週2回の解法マスターを軸に、事前に全問題を解き、授業直後にポイントをメモにまとめ、1週間後に復習する、というサイクルです。解法マスターの授業終了後は、答練より復習を優先し、5回程度全講義を繰り返し解いてミスノート(といってもevernoteですが)を整理しました。

答練には、解法マスターの設問ならほぼ大丈夫だと自信のついた3週間前くらいから着手。結局、試験直前の週までかけて3回解きました。時間を測ってペースを把握することを優先して授業は聞きませんでしたが、解く順番と捨て問を識別できるようになるのにかなり役立ちました。

ちなみに、初回受験時に苦手だった連結会計は、プロ簿記参加直後に過去の授業のレジメを読んで、過去問をひたすら練習し、113回と126回はそれぞれ12回解きましたが、50分以内に間違えずに解ける自信がついたのは10回目くらいです。やっぱり、訓練しないと基本問題でも正確に短時間では解けない、と実感しました。私と同じように苦手な分野がある方は、基本問題をひたすら繰り返して100%できるようになるまで繰り返すのが良いと思います。いくら80%分かっていても、点数が取れないと結果につながりませんので。

皆さまへのメッセージとしては、いろいろ手を出したくなる誘惑に負けず、プロ簿記をしゃぶりつくしましょう、ということに尽きます。私は、授業を聞いてあいまいなところがあったときに以前使っていたTACの教科書を確認するくらいで、あとは、プロ簿記の問題集しかやりませんでした。過去問も、過去10回分くらい…とかいう話を知ってはいましたが、使える時間を考えて、先生が授業中におススメしたものしか手を付けませんでした。それでも、150回に82点で合格することができましたので、このやり方で良かったのだと思います。

半年間やってみて、結局、先生の言われる通り、基本をしっかりおさえること、特に、会計処理をイメージで捉えることが合格への近道であり、その後の実務のためにもなったのではないかと思います。私は、合格もさることながら、この半年の勉強で会計処理をイメージで捉えられるようになった結果、経理屋さんと話が噛み合うようになったことが最大の成果でした。

富久田先生、弟子1号さん、学習アドバイザーのさつきさん、半年間ではありましたが大変お世話になりました。ライブ講義の「これくらいわかってると思うけど一応聞いておこうかな?」という問いかけは、「やばっ、わかってない、マズイ!」ということが時々あり、甘えそうになる気持ちに鞭を入れていただきました(時々寝落ちしそうにもなりましたが)。

今後のプロ簿記の益々のご発展を祈念いたしております。

講師からひとこと

 えるらだんさん、なにより基本を大事にされていました。
 単に解けるだけではなく、ミスなくスピーディに解けるようになるまで繰り返し基本問題を練習するという姿勢が合格を引き寄せたのだと思います。

 >いくら80%分かっていても点数につながらなければ意味がない

 そのとおりです。難問を80%理解したものの得点につながらなかった、惜しい!では合格できません。基本問題を100%理解し、そして得点すること。合格に直結するエッセンスです。これから後に続く方へ強く訴えたいポイントです。

 >私は、合格もさることながら、この半年の勉強で会計処理をイメージで捉えられるようになった結果、経理屋さんと話が噛み合うようになったことが最大の成果

 嬉しいです。会計は実学です。使ってなんぼです。受かっておしまいではもったいなすぎます。

 えるらだんさんのこれからの活躍をお祈り申し上げます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です