第147回日商簿記1級合格体験記【O.Nさん】

表示科目と勘定科目の違いは?

プロ簿記に参加させていただいたはじめの基礎講座での先生から質問でした。

私はこれまでこの違いもわからず勉強しており、全ての勘定科目を暗記していました。これだけでなく、本当に暗記が必要なものとある程度意味を覚えておけばいいもの、重要な論点とほとんど本試験では出ることのない論点、などの区別が曖昧な中で勉強していました。

プロ簿記では必要なもの不要なものの判断する力がすごく付きました。

また一緒に勉強している仲間の存在がすごく心強かったです。
試験の3.4日前に急に疑問が湧いてきて質問掲示板に質問させていただいたときも、約半日で10件近い回答をいただきすぐに解決することができました。ありがとうございました。

今回、私は4度目の受験で合格することができました。
50点台、60点台の方は1つのアドバイスで急に伸びる可能性があると思います。そのような方に是非、先生の授業を受講してみていただきたいです。

初学の方はこの授業を初めから受講できると思うと、ただただ羨ましいです。職種問わず現場で使える会計力が身につくと思います。

最後になりましたが、富久田先生、スタッフの皆さん、2期生の方々、本当にありがとうございました。

講師からひとこと

全ての論点を満遍なく勉強する。一見、良さそうな学習法ですが、実は合格しにくい学習法でもあります。しっかりとした理解が必要な論点、意味さえ分かっていれば良い論点、むしろ暗記で乗り切るべき論点。論点ごとにメリハリを付けた学習が合格への近道です。

O.Nさんのメッセージは、これから1級合格を目指される方へのとても有効なメッセージです。合格おめでとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です