なぜ本支店会計は難しいと感じるのか

本支店会計は人気がない

不得意論点は?と聞くと、本支店会計は、まあ、だいたい3位以内には入る。

なぜだろう。個人的には連結なんかより全然簡単だし取り組みやすいと思うのだけど「いえ、連結より嫌いです」という声が少なくない。

「えーそう?だって、本店と支店を足して内部利益消すだけじゃない。資本連結すらないんだよ」といっても「いえ、連結より嫌いです」と言う。

そうですか(´・ω・`)

ちょっと思ったのは、連結会計って考え方自体は難しいけど処理自体はパターン化されている。何をすればいいのかが明確だ。だから取り組みやすいのかもしれない。それに比べて、本支店会計は、処理が簡単とか難しい以前に、そもそも自分が何をしているのかが分かりにくいのかもしれない。だから難しいというより嫌いという感覚なのかな。

そうだとすると、多分原因はこれだ。前回の記事に書いた「簿記一巡」が良く分かっていないせいだ。
心当たりのある人はちょっとお付き合いを。もしかすると目からウロコが落ちるかもしれない。しらんけど。

本支店会計は大きく2つの論点が問われる

本支店会計では大きく2つの論点が問われる。

1つは、合併財務諸表の作成。もう1つは帳簿の締切だ。似ているようで、まるで違う。だから分かりにくいのかもしれない。

合併財務諸表はその名の通り財務諸表だ。1つの企業としての経営成績と財政状態を外部に公表するためのものでありレポートだ。本店と支店の間での貸し借りとか、本店が支店に対して付加した利益なんてものは内輪の話であって外部に公表すべきものでもない。だから全部消去してしまう。これは、あくまでも帳簿外の手続きであり単発のレポートであることを意識してほしい。

一方、帳簿の締切が問われることがある。これは、その名のとおり帳簿上の手続きだ。帳簿は外部に公表するものではない。帳簿は、過去から未来へと連綿とつながっているものであり連続性のあるものだ。そして区切りとして、決算時に利益を算定して帳簿を更新する。

で、ここからがポイントなんだけど、この合併財務諸表と締切をしたあとの本店の帳簿というのは、かなりよく似ている。本質的にはまるで違うものなのだけど、結果的に似てしまっている。そして、似ているだけに混乱しやすいのだろう。

合併財務諸表の作成

合併財務諸表を作るときのコツは「外部からみて本店とか支店とか関係なく1つの企業としてみた時にP/LとB/Sはどうあるべきか」という点だけを考えて、簿記一巡の手続きにとらわれずに、最終的にどのような金額になるべきかを考えることだ。これは連結会計の超簡単バージョンと思えばよい。処理自体もよく似ている。

本店には支店勘定が、支店には本店勘定が設置されている。前者は本店から見た支店への投資勘定で、後者は支店における本店から受けた出資金(資本)のようなものだ。そして、これらは本店と支店を1つの企業としてみれば、相殺消去されるべきものだ。

(ちなみに、この本店勘定と支店勘定を投資と資本という関係性で見れるかどうかは大事なポイントだ。テキストには債権・債務で説明しているものあるが、もちろんそういう側面もあるのだけど原則は投資と資本という関係性で見るべきだ。その方が本質を理解しやすい)

この処理は連結会計でいえば資本連結をしているのと同じことだ。100%支配(非支配株主がいない)でのれんが無い資本連結と思えばいい。

そして、支店売上勘定と本店仕入勘定も内部のやりとりなので相殺消去する。これは連結会計でいえば親子間で売買があったときに、売上高/売上原価という仕訳を切るのと同じことだ。

最後に、支店の在庫に含まれている本店の付加した利益を消去しておしまいだ。これ、連結会計だと、次のような仕訳になる。

  借方科目 金額 貸方科目 金額
期首分 利益剰余金当期首残高 XXX 売上原価 XXX
期末分 売上原価 XXX 商品 XXX

 

これが、本支店会計だと、次のような仕訳になる。

  借方科目 金額 貸方科目 金額
期首分 繰延内部利益 XXX 繰延内部利益戻入 XXX
期末分 繰延内部利益控除 XXX 繰延内部利益 XXX

 

そして、合併財務諸表で表示するさいは、商品の評価勘定として繰延内部利益を控除した額をB/Sに計上し、売上原価については、繰延内部利益戻入控除を足して、繰延内部利益戻入を引いた額をP/Lに計上すればよい。これ、ちょっと分かりにくいと思うので具体的な数字を使って説明する。

内部利益が期首在庫に100、期末在庫に150あるとして、当期の売上原価が2,000、期末の在庫金額が500だとする。

この場合、合併財務諸表を作成するために行われる仕訳は次のとおりだ。

  借方科目 金額 貸方科目 金額
期首分 繰延内部利益 100 繰延内部利益戻入 100
期末分 繰延内部利益控除 150 繰延内部利益 150

 

前T/Bには繰延内部利益が100貸方残であるので、上記仕訳を行うと繰延内部利益の残高は150になる。よって、B/Sに計上される商品勘定は、500−150=350だ。一方、P/Lに計上される売上原価は、2,000−100+150=2,050だ。

まあ、このように本店と支店の帳簿にもとづいて、それを合算したうえで、上記の仕訳を行うのが正しい手順なのだけど、これ、実践的にはこんな面倒な手続きを踏まずにもっとシンプルに計算しても構わない。

あえて帳簿は見ないで、単純に外部からみて、期首在庫は正味いくら分あって、期末在庫はいくらで、外からいくら仕入れて、外にいくら売ったのかだけをピックアップして(つまり内部の取引は一切無視して)、そのうえでP/LとB/Sを作ればそれが答えだ。

どのみち、やっていることは財務諸表作成という帳簿外の手続きなのだ。帳簿に何か仕訳をほどこしているわけではない。上記の繰延内部利益を使った仕訳だって財務諸表を作るための帳簿外の手続きにすぎない。これは精算表の上で行われるだけだ。帳簿には一切触れていない。だから、仕訳なんて切らないで最終的に財務諸表がどうなるかを考えて数値だけ出せればOKだ。

本店の帳簿の締切

一方、本店の帳簿の締切というのは、帳簿上の手続きだ。ここで行われたことは、このあと、ずっと帳簿に影響を与える。

当たり前だけど、本店の帳簿を締め切るとき、本店勘定と仕入勘定を相殺消去するようなことはしない。このあたりが分かっていない人が少なくない。

いい?
本店の帳簿上には、支店に対して投資をしたという事実をもってして支店勘定というのを設置している。これを決算整理手続きで消しちゃったりするわけがない。そんなことしたら投資をしたという事実を消すことになるからだ。その瞬間に本支店会計が消滅してしまう。

同じく支店売上勘定と本店仕入勘定の相殺消去もしない。そんなことしたら、本店が支店に売り上げて、支店が本店から仕入れたという事実が消えてしまう。何のために本支店会計やっているのか意味が分からなくなる。

あくまでも、本店における支店への投資は続いているわけだし、支店における本店からの出資という事実は続いているわけで、これはそのままにしておく。
そして、本店は、外部への売上も支店売上も同様に売上として計上する。支店も同じだ。外部からの仕入も本店からの仕入も同様に仕入として計上する。そうすることによって、本店と支店、それぞれ独自の利益が算定できるのだ。

そして、こうして計上された支店の利益は、100%本店のものだ。これは、本店が100%出資して、支店を開設したのだから当然だ。連結会計と全く同じ考え方なので理解しやすいだろう。よって、支店の利益を本店に振り替える仕訳をしなければいけない。

日商簿記でよく出るのは、この支店から振り替えた利益と、本店独自に出した利益を「総合損益勘定」というところに集めて、最後に内部利益を加減して本店の帳簿を締め切るパターンだ。以上の手続きを正確に行うことが肝心だ。

帳簿上の手続きなので最終的な結論さえあえばいいというわけではなくて、そこに至るまでの仕訳を正確に行わなければならない。

これは、簿記一巡がしっかり分かっていないとなかなか理解しがたいだろう。
簿記一巡は簿記3級で学んでいるはずなのだけど、さらっとやって、試験に出ないものだから、理解不十分なまま放置されてしまい1級まで来てしまう人が少なくない。その影響で、ここが不得意という人が少なくないのだと思う。

本支店会計の不得意な人へアドバイス

ざーっと書いてしまったけど、何が言いたいのか分かるだろうか。ちょっとあとで書き直すかもしれない。もっとわかりやすく図解とかした方がいいような気もするので…

いずれにしても、本支店会計が不得意という人は、次の3点を意識して勉強しなおしてみてほしい。

  1. そもそも簿記一巡の手続きを理解しているか?例えば決算損益振替仕訳と言われて何のことかパッと分かるか?
  2. 本支店会計で問われているのは「合併財務諸表の作成」と「帳簿の締切」であり、前者は帳簿外の手続き(精算表の上で行われる)で、後者は帳簿上の手続きであるってことが分かっているか?
  3. 本店が設置している支店勘定と支店が設置している本店勘定は、連結会計でいうところの「投資と資本」に相当することは分かっているか?

以上です。もし分かりにくかったらごめんなさい。あとで見直して書き直すかもしれません。

プロ簿記講座のご案内

プロ簿記は、2016年に開講したばかりの若いスクールです。最初の1年間はモニタリング期間でした。2017年11月に正式開講し、ようやく丸2年が経ちました。

これまでの実績は30名を超える1級合格者です。そして、卒業生のなかからも2名の公認会計士試験(短答式、論文式とも合格)合格者が出ました。あと、プロ簿記開校時からサポートしてくれている学習アドバイザーも、今年、公認会計士試験に合格しました。

なんとか、簿記・会計を好きになってもらいたい。簿記を学んで良かったと思ってもらいたい。そんなポリシーで運営していたら、こうなりました。それなりの結果が出て嬉しいです。現在、第7期生(来年6月の第155回、来年11月の156回目標)を募集しています。

パンフレットはこちらです。より詳しい内容とお申込みは以下をクリックしてください。

プロ簿記講座のご案内

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です