第149回日商簿記1級合格体験記「rierieさん」

 「頑張って勉強すれば受かると思っているのなら、多分あなたは受からない。そんなに甘いものではない。」

 もう合格をあきらめようかと思っていたとき偶然この記事を読んだことが、プロ簿記との出会いでした。今思うと、この時プロ簿記に出会わなかったら、きっとまだ不合格で、もうとっくにあきらめていたと思います。

 それからすぐプロ簿記生となり、合格へ向けた勉強の日々は、正直大変でした。ライブ授業、基礎演習、解法マスター、過去問。私の場合は仕事と育児を両立しながらだったので、ライブでも他の皆さんについていけなかったり、苦手をなかなか克服できなかったり、辛い思いもたくさんしました。

 でも、日に日に多くの論点が「こういうことだったんだ!」と腹落ちしてくるようになりました。あんなに悩んでいた過去問が簡単に解けるようになったり、難しい問題をクリアした瞬間の喜びは、疲れを吹き飛ばしてくれました。

 プロ簿記の講義は、単なる解き方ではなく、本質講義です。暗記するばかりの勉強法しかしてこなかった私は、今までなんて無駄な事をしてきたんだろうと後悔しました。先生のお話は理解しやすいのはもちろん、身近な話を交えたりして、楽しくて笑ってしまうこともありました。毎日が充実するようになり、合格したい気持ちもどんどん強くなりました。

 プロ簿記に入って初めて受験した147回の試験は不合格で悔しい思いをしましたが、149回は87点という自分でもびっくりするような点数で合格することができました。先生や、プロ簿記の仲間たちに感謝の気持ちでいっぱいです。本当にありがとうございました。

講師からひとこと

 プロ簿記のことを色々褒めてくれていますが、これはrierieさんのやさしさゆえのお気遣いです。割り引いて読んでください。

 それはさておき、rierieさん、軽く書かれていますが、仕事を持ち、育児をされている中での1級チャレンジは本当に大変なことです。よほどの覚悟をされてのことだと思います。また、時間管理が素晴らしいのだと思います。

 このような厳しい状況の中で合格を勝ち得たこと、本当に尊敬します。おめでとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です